美少女ゲーム > 脳内彼女 > 女装学園(妊)

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年09月26日
シナリオ 西田一 / 生田あわる
イラスト あげきち
声優 蒼衣ハル / 唯香 / 椎那天
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ぼくたちは男と男の娘は恋愛できると、何度も言い続けるAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。
  • この作品をレンタルして閲覧するには「DLsite Nest」が必要です。[ DLsite Nestについて ]

作品内容

ごく普通の学園に通っていると信じて疑わなかった。
いつもの日常、いつもの景色
だけどそんな常識は学園長の一言で唐突に崩れ去った。

「実は我が校は男子校です!」

可愛いと評判の部活の後輩も
美人だけど怖い感じの不良の先輩も
そして……告白してくれたあの子も……
みんなみんな女の子じゃなくて、男の娘だった!

■□■ストーリー■□■
それは唐突に告白された。
近づくことも出来なかった。遠くから見ていることしかできなかった。
そんなクラスメイトのお嬢様、高幡葵。彼女は仰ぎ見ることしかできない高嶺の花。

『好きです、付き合ってください!』

夕暮れの教室に、振り絞ったような声が響く。
まさか、自分が告白されるなんて……
確かに最近やたらと学園内でカップルが出来上がっているが……まさか自分にお鉢が回ってくるなんて……
でも、俺がモテるわけがない。よって、これは罰ゲームに違いない!
混乱した主人公は逃走、そしてあくる日の朝、
朝礼の場で学園長から唐突に告げられる真実。

「実は、わが校は男子校です!!」

それはありえない一言だった。
可愛いと評判の部活の後輩も、
美人だけど怖い感じの不良の先輩も、
そして……告白してくれたあの子も……
全部全部、彼女ではなく彼氏だった!

これは男の娘が妊娠する可能性が存在する、ありえるかもしれない未来のお話です!!

■□■登場キャラクター■□■
【純粋培養のお嬢様男の娘】
●高幡 葵 (CV:蒼衣ハル)
主人公のクラスメイト。
世間から隔離され完全に男の娘として育てられているため、
男の娘と男は結婚して子供を産むものと認識している。
主人公の理想の女の子だったが男の娘であったことが判明。
以降、主人公は好きだけど男の娘というジレンマに葛藤していくことに。
一方の葵は自分の常識に絶対的な自信をもっているため、
主人公の葛藤に配慮することなく、積極的に迫っていく。

【ちょっと不良な年上幼なじみ男の娘】
●住山 暁 (CV:唯香)
先輩の不良っぽい男の娘。
実は主人公の幼なじみ。
かつて主人公にとって男の憧れのような頼れる兄貴分だったのだが
今はすっかり女の子らしくなっているので主人公は複雑。
男の心を残している暁は女装に関してはかなり不本意。
学費免除など優遇されるためイヤイヤ女装している。
今回のカミングアウト事件でようやく自分の正体を告げることが出来てほっとしている。
昔と変わらない男子として近づいていくのだが腕組みされたりすると、
主人公はかなり女の子として意識してしまう。
最終的に自分が男の娘であることを自覚して男姉ちゃん(おねえちゃん)として覚醒。
主人公の下半身のお世話をしようとして乗り込んでくることに。

【後輩の女装ビッチ】
●瀧口 伊月 (CV:椎那天)
後輩のビッチキャラ。
女の子っぽいと苛められて不遇の幼少期をおくるが、
自分にある天性の男ころがしの才能に気づき、ある日覚醒。
過去の惨めな自分に復讐するかのように今を楽しんでいる。
男の娘としての容姿を巧みに使って人生を楽に渡っていくのが目的。
主人公とは同じ茶道部に所属。
真面目に部活などする気はなく、いつも不真面目な態度を主人公に叱られているが
まったく気にしていない。

※注 女装非処女です。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008761
ファイル名/ファイル容量
総計 1.28GB
VJ008761.part1.exe / 762.94MB
VJ008761.part2.rar / 545.98MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / Pentium4 1.5GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 8MB以上 / 16MB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0006639D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006639D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女装学園(妊)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 6件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

男の娘(3) 男性受け(2) 制服(2)

おすすめ!男の娘が好きにおすすめな作品

2017年10月01日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!伊月ちゃんエロスギィ!(褒め言葉)

2017年01月06日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!前2作と比べて

2014年11月03日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

絵の方は、前作までに思い入れがあっても、これはこれでいけるという感じ。
 学園もののシナリオは、前までの不思議シナリオよりも展開が早く短く感じたが、無理やりな男の娘押しのセリフが面白い。しかし、ヒロイン同士の絡みがもう少し欲しかったかも?

まとめとしては、男の娘ものの中では確実に買い。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

男の娘が卑猥な言葉で攻めてくるAVG

2014年10月19日  

このレビューは参考になった×2人

脳内彼女さんの女装シリーズの3作目ですが、基本的に設定が少し引き継がれているだけで、ストーリー的な繋がりは無いので前2作品を遊んでなくても大丈夫です。

エロの内容は基本的にヒロイン(?)が攻めてくるプレイが多く、Mシチュ好きにはお勧め。
基本的なプレイから男の娘ならではのプレイと,ソフトな男の娘好き~マニアックな男の娘好きまで幅広く満足できると思います。(内容は買ってプレイして確かめてください)
ちなみに逆に掘られるのは無いです。

ただ注意として、プレイ中にヒロインが卑猥な言い回しが多いのですが、カオスな造語が多くそれで萎えるかも?

気になる人はまず体験版をプレイして平気か確かめるのをオススメします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

すばらしい作品

2014年09月30日  

このレビューは参考になった×0人

男の娘好きにはたまらない作品。
おそらくかなりめずらしいであろうMシチュ中心の男の娘ゲーです。
これまで女装シリーズを担当していたあおぎりぺんた氏から絵師さんは変わりましたが、この絵も可愛くて好きです。
体験版をやって気に入ったら、男の娘ランドに旅立ちましょう!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!オススメ

2014年09月29日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

男の娘オンリーなフェチ作品で、女装山脈、女装海峡に続き今作で3作目となります。
脳内彼女さんの作品は恋愛と濃いMシチュのエロ、そして男の娘です。
ヒロインは全員男の娘なので、思いっきり人を選ぶと思いますが、プレイする事で新たな扉が開かれるかもしれません。
Mシチュゲーではありますが、そこまでハードなシチュはないですがCGもテキストもエロいので十分ヌけます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]