({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年06月22日
シリーズ名ぬむもさん
作家 粟岳高弘
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット87
ジャンル
ファイル容量
30.62MB

作品内容

2014年12月制作18ページモノクロ漫画。ぬむもさんの4作目です。最近1人で学校のどこかに寄り道している
ぬむもさんを皆で尾行してみる事に。

※同内容のものが2017年5月発売の単行本「ぬむもさんとんぽぬくん」にも収録されています

・ブラウザで見る形式の場合の画像形式はjpeg。画像サイズは横1000縦1412pixel、各ページの内枠は横800pixel程度になります。
・PDFは横2000縦2824pixelの本文データになっております

ぶしつのとなりの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ぶしつのとなり」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!冒頭のまとめが役立つ

2016年06月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

本作は「斥力構体」シリーズと同一の世界観のもとに執筆された「ぬむもさん」シリーズのものであり、その時系列に関するまとめや補足情報にあたるものがストーリー冒頭部でちらりと語られる。
 単行本「いないときにくる列車」は、単体で時系列の流れを追うのがやや困難なつくりになっている。私自身、単行本をノート片手に――(しかも、昭和生まれの人間ではないので昭和―西暦変換表を片手に)――読んでみて、なお若干の情報不足感があった。
 とはいえ、「ぬむもさん」シリーズを1から(正確には「うえのほうになんかいる」から)購読してみると、本作の読了時点では随分見通しがよくなった。同様の状態に陥っている人物には本シリーズ、特に本作が強くおすすめできる。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]