>    >  

Download : 
サークル名 :  月に憑かれたピエロ
ホームページ :  http://uyuu.jp/
販売日 :  2013年06月07日
最終更新日 : 2014年12月23日 
シリーズ名 : DTM・作曲関連の書籍
年齢指定 : 
全年齢
作品形式 : 
ファイル形式 : 
PDF / MP3
対応OS : 
[PC]
WindowsVista / Windows7 / Windows8 / Windows8.1 / Windows10 / MacOSX
[スマホ]
ブラウザ視聴
その他 : 
ページ数 : 計545ページ
ジャンル : 
-

サンプル

HTML版で表示

体験版

作品内容

パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本に続き、
今度は専門学校のカリキュラムに基づいた本格的な作曲本を書きました。


筆者が専門学校に勤務していたときのカリキュラムを参考にして書かれているので、
本書で専門学校卒業レベルの作曲の基礎理論を習得することが出来ます。
(A4サイズで514ページの大ボリュームとなっております。)



各Chapterごとに問題を解いたり、練習課題を行ったりしながら
段階的にレベルアップできるように構成されています。


プロ志望の方から趣味で音楽を楽しんでいる方まで
音楽理論をしっかりと学びたい方は是非体験版をお試しくださいませ。


製品版には内容に沿ったMP3データに加えてスマートフォンなどモバイルでの
読み込みデータ容量軽減のために各Chapterを分割したファイルが付属します。


こんな方にお勧めです!

・本気で音楽理論を勉強したい。
・市販の音楽理論本は難しい。
・音楽専門学校で学ぶのと同レベルの基礎理論の知識を身に付けたい。
・作曲を勉強したいけど先生がいない。
・独学で音楽理論の勉強をスタートしたい!


詳細な目次・内容は体験版でご覧になれます。
詳しく内容を知りたい方は体験版をDLして下さい。

【目次抜粋】
Chapter 1 仕事としてのDTM関連のソフト&ハード
Chapter 2 音程
Chapter 3 調と音階
Chapter 4 和音
Chapter 5 コード進行の基礎
Chapter 6 コードスケール
Chapter 7 ボイシング
Chapter 8 ドミナントモーション&II-V
Chapter 9 セカンダリー・ドミナント
Chapter 10 サブスティチュート・ドミナント
Chapter 11 サブドミナントマイナー
Chapter 12 ナポリの和音
Chapter 13 ディミニッシュ
Chapter 14 sus4コード
Chapter 15 ブルース的アプローチ
Chapter 16 ペダル音
Chapter 17 アッパー・ストラクチャー
Chapter 18 スラッシュコード
Chapter 19 メロディックマイナー
Chapter 20 ハーモニックマイナー
Chapter 21 メロディー
Chapter 22 音楽理論の理解度テスト
Chapter 23 転調
Chapter 24 長調・短調を脱した作曲法
Chapter 25 楽式(曲のフォーム)ついて
Chapter 26 作曲における調(キー)の選択について
Chapter 27 作曲理論に関する補遺
Chapter 28 自己分析
Chapter 29 基本理論が身に付いたらその先へ
Chapter 30 その他、作曲家に必要なこと



関連書籍も販売されています。

http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ091020.html
パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本

http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ077759.html
DTMミキシングのやり方

http://home.dlsite.com/work/=/product_id/RJ074764.html
DTMマスタリングのやり方



/////////////////////////////////////

無償で改訂版を出させて頂くことが御座いますので、
なるべくゲストユーザー(ダウンロード期間は一週間のみ)ではなく、
登録ユーザー(ダウンロード期間は無制限)でご購入頂けますと幸いです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ116849
ファイル名/ファイル容量
RJ116849.zip / 254.23MB (266578080Byte)
注意事項
スマートフォン版では【MP3データ】は収録されておりません。

改訂に関しましては予定事項となります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

バージョンアップ情報

  • 2014年12月23日
    誤字脱字修正
    誤字脱字や付属データの修正をさせて頂きました。何卒宜しくお願い申し上げます。

作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 12件

おすすめ!

著者の人柄が好きです。

2016年01月08日  ふーじー さん

このレビューは参考になった×2人

著者の作曲レッスンと、ほぼ同時に購入しました。

私は、無料電話相談で著書と実際に話して、誠実で信頼できる方だと思いましたので、レッスンの受講を決め、教材を購入しました。

・返信がはやくて、丁寧
・私の要望に、できる限り答えようとしてくれているのが伝わってくる親切さや、一生懸命さ
・「プロとしてやっていきたい」という要望に、厳しめな指摘でもはっきりと仰って頂ける誠実さ

そんな著者を尊敬しているのですが、そんな著者のあり方が、そのまま表れている教材だと思います。

お勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめします

2014年09月05日  choice さん

このレビューは参考になった×1人

とても分かりやすく内容量の多い書籍です。
コラムやアドバイス的なものがたくさん書かれてあって、それがとても貴重で有り難いと思いました。
値段も安いと思いました。
こつこつ地道に進めていけたらと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!

内容ボリューム満天!!

2014年08月25日  阿部秀和 さん

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

基礎を勉強をしてみたいと思い購入しました。
内容はボリューム満天で基礎から身に付くと思います。
これから一生懸命楽しみながら読みたいと思います。
是非、理論に迷っている方は購入をオススメしたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!

素晴らしいです

2014年08月15日  rockdreamer さん

このレビューは参考になった×0人

音楽理論を中途半端に学んできたものです。
お世辞ぬきで、これ以上わかりやすく、また
中級以上の知識まで網羅的に書かれている
本はまずないと思います。
著者が再三書いているように、”すべての調
におけるスケールの記憶”をすっとばさなければ、
難しい箇所は皆無と思います。

また、ドミナントモーションひとつとっても、これ
以上詳しく書いている本はないでしょう。
「属七ではほぼ何をやってもいい」と感覚的に
わかったつもりになっているレベル(投稿者含め
音楽愛好家の相当部分では?)から、エンハー
モニックを迷いなく記譜できるようになります。

また、コードスケールについても、今までは、即興
演奏以外に特に役立つことはないと思っていた
のですが、著者のいう「調性のゆれ」を完全に
コントロールするために必要な知識だったという
ことをはじめて知りました。
このことを、”さりげなくではなく”、初級者にも
明確にわかりやすく述べた本は初めてではない
でしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!

内容も充実しているのに読みやすい!

2014年07月25日  ビッケ さん

このレビューは参考になった×0人

内容がとても充実しているのに読みやすくわかりやすいです。

書店で売っている理論書よりもオススメでこれ一冊あればかなり勉強になるのではないかと思います。

かなりしっかり細かい所までフォローされているので、じっくり、ゆっくり確実に勉強して行けばよいでしょう。

基礎の大切さも強調されていて、課題や実際に弾いてみて理論を自分の中にしっかり吸収させる事が大切なんだなと感じました。

コラム等も作曲の知的好奇心を刺激して読んでいて楽しい。

プロになりたい方やしっかり音楽を勉強したい方にはオススメの一冊です!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!

素晴らしいの一言

2014年07月12日  ぽぽんM さん

このレビューは参考になった×1人

素晴らしいの一言です。

 基礎的な知識の整理から始まり、かなり発展的な内容も扱ってあります。 特にスクリャービン、ドビュッシー、果ては12音技法まで扱われているのには驚きました。 また、実際に著者は職業作曲家であることから、作曲家の観点からの指摘は非常に示唆に富みます。 

 さらに本書が優れている点として、どこが重要で、どの点については暗記しなければならないか明確であることも挙げられます。 特に初学者の段階では基礎的な知識(度数、スケール、ダイアトニックコードに関する知識)をないがしろにしがちですが、覚えるべき点については何度もその重要性が強調されており、真剣に音楽理論を学ぶ人にとっても実用的であると思います。

 市販のポピュラー音楽理論本とくらべても、今まで買ったどの本より素晴らしいと断言できます。 イチオシです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]