同人 > 月に憑かれたピエロ > DTM・作曲関連の書籍 > パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年02月10日
最終更新日2013年10月20日
シリーズ名DTM・作曲関連の書籍
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数合計306ページ
ジャンル
-

作品内容

現役のゲームサウンドクリエイターによって書かれた
DTMで作曲を学びたい方への超初心者向けの作曲入門本です。


著者はプロのサウンドクリエイターであると同時に、
音楽専門学校の講師もしておりますので、
非常に分かりやすく、丁寧な内容となっております。


作曲のルールをこれ以上簡単に出来ないくらい噛み砕いて、
超初心者向けに書かせて頂きました。
まずは体験版をご覧下さい。



以下のような方にお勧めです。

・市販の作曲入門本は難しい。
・超初心者向けの作曲本を探している。
・DTMでの作曲をゼロから学びたい。
・作曲を勉強したいけど先生がいない。
・独学で作曲をスタートしたい!



関連書籍も販売されています。

http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ116849.html
作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~

http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ077759.html
DTMミキシングのやり方

http://home.dlsite.com/work/=/product_id/RJ074764.html
DTMマスタリングのやり方



【目次】

第一章 DTMの準備を整える編
音楽を作るのは簡単になった?
DTM環境を整えよう!
_(1)パソコン
_(2)OSは?
_(3)DAWソフト
_(4)DTM音源
_(5)MIDIキーボード
_(6)モニター環境
_(7)オーディオインターフェイス
_(8)その他(MIDIインターフェイスなど)
_(9)まとめと接続図
MIDIってなに?
先生を探す


第二章 最短で作曲出来るようになるぜ!編

音名と音部記号
変化記号(臨時記号)
音符と休符
拍子
タイ
和音(3和音)
_(1)長3和音
_(2)短3和音
_(3)増3和音
_(4)減3和音
メジャーとマイナーの音階(スケール)
ダイアトニックコード(3和音)
和音(4和音)
ダイアトニックコード(4和音)
音楽の世界の文法「カデンツ」
文法追加ルール

和音を並べる時のアドバイス(1)(和音の明暗)
和音を並べる時のアドバイス(2)(音が増えても)
和音を並べる時のアドバイス(3)(具体的な配置)
和音を並べる時のアドバイス(4)(低音の限界・ローインターバルリミット)
和音を並べる時のアドバイス(5)(和音連結)

MIDIについて学ぶ(その1)
_(1)ノートごとのパラメーター
_(2)MIDIコントロールチェンジ(MIDI CC)
_(3)それ以外のよく用いられるMIDI効果

MIDIについて学ぶ(その2)
_(1)ドラム・パーカッション・ピアノ・マレットなどはベロシティーが超重要。
_(2)エクスプレッションでちゃんと表情をつける
_(3)GTでノリを作り出す。
_(4)本当に演奏できるか考えてみる。
_(5)プロのMIDIデータを分析する。

ドラムがあると一気に曲らしくなる
_(1)…その前に、昨今のドラム音源について。
_(2)ドラムの基本について学ぶ(1)
_(3)ドラムの基本について学ぶ(2)

色々なドラムパターン
_(1)4ビート、8ビート、16ビート
_(2)スネアの頭打ち
_(3)ダブルタイム(倍テン)とハーフタイム(半テン)
_(4)バスドラム(キック)の四分打ち
_(5)ゴーストノート

ドラムの様々なパターンまとめ表
色々なドラムセット

ベースについて学ぶ(基本編)
_(1)…その前に、昨今のベース音源について。
_(2)ベースの基本的な仕事は?
_(3)8vb・8va とは?
_(4)ベースで使える楽器(音色)は?
_(5)ベースの音域、入力する範囲は?

ベースについて学ぶ(応用編)
_(1)次の根音に対してすぐ上の音か、すぐ下の音から入る。
_(2)根音以外に第5音、第3音、第7音も使用できる。
_(3)色々メロディック&リズミックなベース。
_(4)ランニングベース
_(5)ウォーキングベース
_(6)白玉系の音符を使ったゆったり系ベース

ベースを動かすときの注意点
アルペジオってなに?
_(1)アルペジオの形は自由です。
_(2)アルペジオは使用する型を揃えるようにする。

ここまでの復習(アルペジオまで編)
メロディーの作り方(基本は簡単ですよ編(1))
メロディーの作り方(基本は簡単ですよ編(2))
_(1)経過音(通り道の音)
_(2)刺繍音(揺れる音)
_(3)先取音(先に鳴る音)

メロディーの作り方(悪い例)
曲の構成(フォーム)を学ぼう
_(1)8小節を1つの単位と考える。
_(2)タイプの違う8小節を2つ作成して並べる。
_(3)2つの8小節「Aブロック」と「Bブロック」は違うタイプのものが良い。
作曲できたぞ!(今時の作曲家の話)

第三章 もっと作曲の色々な技を知りたい編  

メロディーの作り方(基本は簡単ですよ編(3))
_(1)倚音(寄り掛かる音)
_(2)逸音(離れていく音)
_(3)掛留音(まだ鳴っている音)

メロディー作りのさらなるレベルアップ
_(1)どの音がテンションでどの音がアボイドなの?
_(2)テンションとアボイドの違いはどうやって生まれるの?
_(3)メロディーで使う時の具体的なアドバイス(1)〜テンションとアボイドの汎用的な使用例
_(4)メロディーで使う時の具体的なアドバイス(2)〜非和声音としてのテンションとアボイド
_(5)メロディーで使う時の具体的なアドバイス(3)〜テンションはあくまで非和声音
メロディーの作り方(歌ものと器楽の違い)
分数の和音を使う
和音の中にテンションを入れる。
和音のリズム化
_(1)4分打ち
_(2)付点音符を用いた例
_(3)休符を用いた例
_(4)フレーズの区切りは少しパターンを変える。
_(5)白玉系の音符を使った息の長いパターン。
_(6)和音をリズムの変化に合わせてダルマ落としを行い和音の上下を入れ替える。
_(7)テンションを含めた和音のリズム化

カウンターメロディーを作ってみよう!
作曲で使える和音を増やす(その1)ハーモニックマイナー系

_(1)Eまたはその4和音であるE7が使える。
_(2)AmM7が使える。

作曲で使える和音を増やす(その2)サブドミナントマイナー系
_(1)サブドミナントマイナーの和音が使える
_(2)明るい文法でのFm(FmM7)とDm-5(Dm7-5)は柔らかい感じになる。
_(3)明るい文法でのA♭(A♭M7)とB♭(B♭M7)は盛り上がる感じになる。

作曲で使える和音を増やす(その3)ドミナント系
_(1)ディミニッシュの和音が使える
_(2)D(D7)の和音が使える。

作曲で使える和音を増やす(その4)sus4系
_(1)「sus4」の和音の見つけ方
_(2)「7sus4」の和音の見つけ方
_(3)メジャーの文法の時のsus4、または7sus4の使い方。
_(4)マイナーの文法の時のsus4、または7sus4の使い方。
_(5)典型的な使い方(sus4は解決する)。
_(6)最近のsus4の使い方(解決しないsus4)。
_(7)メロディーでのsus4の使い方。

作曲で使える和音を増やす(補足)
使える和音「総まとめ表」
メロディーで使える音一覧表「最終版」
4つめの文法?
持続低音(ペダルポイント)

ハモリパートの作り方
_(1)固定された3度のハモリ。
_(2)和音に合わせた3度のハモリ。
_(3)固定された6度のハモリ。
_(4)和音に合わせた6度のハモリ。
_(5)これをハモリでやってはいけない。

ギターについてについて学ぶ(基本編)
_(1)ギターってどんな種類があるの?
_(2)…その前に、昨今のギター音源について。
_(3)ギターの音域、入力する範囲は?

ギターについてについて学ぶ(応用編)
_(1)ギター独自のボイシング(和音の配置)を知る。
_(2)ギターって大変そうと感じたあなたへ。
_(3)ストロークによる演奏(エレキ・アコギ共通)
_(4)アルペジオによる演奏(エレキ・アコギ共通)
_(5)テンション音の変化があるギター伴奏(エレキ・アコギ共通)
_(6)ミュート奏法(主にエレキギター)
_(7)その他のギター奏法(エレキ・アコギ共通)



第四章 実際に曲を作りますよ編
第四章を始める前に…
いよいよちゃんとした曲に挑戦!
作曲が出来るようになったら、さらに先へ
_(1)色々なジャンルに取り組むその前に…
_(2)ダンス系・テクノ系の楽曲を作りたい方へ
_(3)バンド曲(ポップス系・ロック系)が作りたい方へ
_(4)ロック系の楽曲を作りたい方へ
_(5)ジャズ(ジャズ以前)の楽曲を作りたい方へ
_(6)クラシックの楽曲を作りたい方へ
_(7)エスニック(民族音楽)の楽曲を作りたい方へ
_(8)ゲーム・アニメ・テレビドラマ・映画などのメディアのサウンドクリエイターになりたいのでオールジャンル作れるようになりたい方へ
_(9)趣味でやっているだけなので、特に難しく考えていない方へ

第五章 ほかにも色々大事なことを教えます編
メロディーにコード進行を付けるには?
メロディーが上手く作れない人へのアドバイス
_(1)休符をちゃんと使っていますか?
_(2)呼吸・対比を明確にする
_(3)ヒット曲や好きな曲を研究する。
_(4)和音の音やテンションやトユサマヨハを復習する
精神と時の部屋で修行しよう!
ボーカル曲を作るときの注意点
DTM音源についてさらに知りたい!
_(1)音源(ハード)
_(2)音源(ソフト)
_(2)-1.総合音源系
_(2)-2鍵盤系、クロマティック・パーカッション系
_(2)-3ギター系
_(2)-4ベース系
_(2)-5ドラム系&パーカッション系
_(2)-6シンセサイザー系
_(2)-7オーケストラ系
_(2)-8エスニック系
_(2)-9その他の特殊なもの
_(2)-10おまけ(フリーソフト)
DTM機材を安く買うには
あとがき

作品情報/動作環境

作品番号
RJ091020
ファイル名/ファイル容量
RJ091020.zip / 98.95MB (103752360Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 7件

おすすめ!すごくポイントが抑えてあって、初めての人にこそ本当にオススメ

2015年04月14日  

このレビューは参考になった×1人

本当に簡単に始められました!
私の音楽知識は
楽譜?一番下の線がミだよね、あとワカンネ
程度のものでして
いざメロディをならべてもなんか変な感じにしかならない
そんなレベルからのスタートでした。
結論からいくと非常に満足のできる音楽入門本でした。

体験版を途中まで読んで即購入
SSW7を使用して始めたのですが

購入から1ヶ月でとりあえず曲になるものが作れました。
購入から2ヶ月で歌になる曲が作れました。
購入から3ヶ月でメロディから曲が作れました。
購入から4ヶ月あたりから音楽の聴き方が、「この曲ってこうなってるんだ!」みたいに変わってきました。
購入から5ヶ月目あたりから、この本の内容を感覚でやれるようになってきましたが
いまでも作曲の時に一目見る大事なマニュアルです。

音楽の知識が全くなかったところから始めても
問題なく作曲出来るところまでたどり着けたので非常にオススメです。
購入から半年経ちましたが、自分で納得の行く曲が作れるところまでこれました。
もちろん実践あるのみなので本人のやる気なども関係するでしょうが
本書にはいくつもの実践課題があるのでそれをこなしていくことで
チュートリアルの部分が終わる頃には作曲が出来るようになっているでしょう。

上記の何ヶ月目みたいなのは仕事をしながらの月数で
PCに触れない日もあった上での時間なので
時間配分的にはそんなに多くとれなくてもできそうです。
DTMはおろか、音楽そのものが始めての方、
音楽してみたいけど自信なんて全くない方
そんな方にこそすごくオススメです。
まずはコレを買うのをおすすめしたい。

必要な物はこの本とMIDIが入力できる環境だけです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!わかりやすく、楽しく作曲が学べます。

2014年08月18日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

これから作曲、DTMを始めたい方、とてもわかりやすく、親切なので、この本から勉強するのがオススメです!

音源等も豊富なので、本を読みながら、音を聴きながら、じっくり楽しみながら作曲を身につけられるでしょう。。

中級以上の方も結構知らないことがあったり、復習等に一冊持っていると便利です!

僕もハッとさせられる事が沢山ありました。。

筆者は音楽の専門学校で講師をしていたそうで、経験からか教え方が上手で初心者の方がわからない、つまづきやすい、箇所や心理を良く理解されてるのでは? と思いました。

初心者〜中級者の方まで持っていて損のない一冊だと思います!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!初心者向き

2013年11月08日  

このレビューは参考になった×1人

DTMとは何か?という質問をよくネットで見かけますが、そういった知識がまるでない人たちが1から学べるような初心者用の本になっています。

ポップスよりの理論と、DTMに於いて必要な機材などの知識が手に入ります。
注意点があるとすればいきなり本格的なクラシックを作りたいという人にはあまりオススメできないということです。
一般的なゲームのBGMやポップスを作りたい方には非常にオススメできます。

初心者用の本と言ってもけっこうな情報量ですし、覚えるのは大変とは思いますが、本を見ながらでも理解しつつ、実践して曲を作ればきっとそれらしい曲が作れるようになっていると思います。
また、ある程度作曲できる人も復習になりますし、新たな発見もあるかもしれません。

音楽の各ジャンルへの解説も載っているので、もっといろんなジャンルが勉強したいという方はそちらを参考にしたら良いと思います。

最後になりますが、作曲の入門には本当にふさわしい本でした。図などの華やかさやデザインなら他の本に劣る点もありますが、分かりやすさなら書店に売っている他の入門用の本の何倍も良かったです。
この本を熟知し、次のステップへ進む頃には作曲のレベルは確実に上がっていると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!理論に縛られずに作曲したい方にもオススメ!

2013年08月26日  

このレビューは参考になった×0人

僕は某所でとある先生に師事して、90年代初期のビジュアル系の様な曲の作り方を勉強しています。

先生には「理論に縛られすぎるとダサくなるから気をつけて」と言われるので、あえて理論を無視して作曲を進める事が多々あるのですが、それでもこの本に書いてある程度の理論は必要不可欠でした。

90年代初期のビジュアル系は、ベースで違うコードに移る時は半音上か下から、、、とかそういうセオリーは無視した方がカッコ良くなると感じているので、そういう部分部分においては、この本の通りには作らないにしろ、この本で超重要!とまで記されている構成音の表を一通り覚えておくだけでも、ベース等の楽器をグリグリ動かせる様になりました。(この本はあくまでも曲の骨組み、基本についての解説なので、各ジャンルの作り方は別所で学ぶ必要があると思いますが)

個人的に一番助かったのが、メロディの作り方です。

初心者向けの本で、この本ほど丁寧に分かりやすく書いてある本を僕は知りません。

大多数の市販の本は、キーを合わせてコードの構成音を元に、味付けは構成音以外の音で、、、なんて書き方をしているのですが、この本を読んだ今となれば、分かりやすいだけで不親切極まりない書き方としか思えないのですね、、、それだけ丁寧な書き方がしてある。

全部が全部、この本通りにやる必要はありません。

しかしどんなジャンルの音楽を作るときも、必ず役に立つ本だと思います。

どこか他で作曲を学ぼうとしている方も、参考書として持っておいて損は無いと思います!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!なかなか良い。

2013年07月14日  

このレビューは参考になった×1人

なかなか良いDTMの書籍だと思う。
色々なDTM(含作曲)の書籍を読んできたが、この本で初めて分かった事があったり、覚えないといけない事が分かったりもした。

これ一冊あればOK、という感じでもないが、DTM(作曲)の本として、一冊持っておいて損はしないと思う。

プリントアウトすると、かなり分厚くなってしまうが、それは「内容が濃い」事の裏返し。この値段でこの分量はお得です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!この本だけで音楽作れます

2012年03月09日  

このレビューは参考になった×0人

名前通り本当に簡単で、この本だけでDTMが出来るようになります。

自分は多少理論はわかっているので敢えて頭をすっからかんにして読んでみましたが、
いやぁ音楽始めたてのときにこの本に出会いたかったですねw

割と一般に出回ってるこの手の理論書は本当に理論だけを述べてる内容が
ほとんどなので各楽器の演奏方法のことも触れているという点で凄く親切です。
これだけで簡単なポップス、ロックなどはすぐ作れるようになります。

そしてこの本の良さはわかりやすさだけじゃなく、
オススメの音源や安く入手する手段、その経験談なども載っていることです。
沢山音源がある中、悩んでる方は参考になるかと思います。

参考になる内容が目白押しで安価なのでかなり良いと思います。
是非中級以上向けの本も出して頂きたいですね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]