({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2019年04月12日
シナリオ 坂元星日 / アイス365日
イラスト 大原
声優 夏川菜々美 / 四ノ宮ひな
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「PlayDRM型」の作品です。 ご購入前に必ず [ PlayDRMについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
「私は、婚前交渉はいたしません。結婚して初夜を迎えるまでは、清らかな身でいさせていただきますわ」

名家の令嬢"悠姫琴羽"。
その彼女の婚約者となった"藤宮安里"。

婚約者だしエッチな事は……と、期待するが、家柄を想えば当然『据え膳』状態。

「もちろん私の婚約者になったのですから、他の女性と付き合うなど厳禁ですわ」

と、釘も刺されるが……思いもよらなかった提案を同時にされる。

「殿方の、生理現象についてですが……出さなければ溜まって辛い、というのは存じております。
 その代わりと言ってはなんですが、この侍女、東風の身体を使って自慰をなさってくださいまし」

混乱が深まる"藤宮安里"を尻目に、

「……失礼させていただきます」

と、侍女"東風小百合"は、背を向けスルスルと音もなく服を脱ぎ始めた。

登場キャラクター

地味めな侍女さんのお仕事セックス ~お嬢様に代わってお相手します~ [アパタイト]

●東風 小百合 (CV:夏川菜々美)
お嬢様に心酔している忠実な侍女。
物静かな物腰で地味な印象。
現在まで男性経験が無いが、これは「男性にうつつを抜かしてお嬢様を疎かにしてはならない」という自身への戒め。

地味めな侍女さんのお仕事セックス ~お嬢様に代わってお相手します~ [アパタイト]

●悠姫 琴羽 (CV:四ノ宮ひな)
古くから続く名家の令嬢で末っ子。
入籍するまで男性に触れる事を禁じられている。
一方で男の生理に理解を示し、婚約者の安里に「浮気の代わりに侍女の身体で自慰しなさい」と命じる。

 

 

作品情報/動作環境

ファイル容量
432.58MB
CPU
Pentium4以上 / Core 2 Duo以上
メモリ
2GB以上 / 4GB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

メイド服脱がせたら必ずガーターベルト

2019年04月19日   購入済み

レビュアーオススメ!

まず、このゲームのメインヒロインはどっちなんだ?と言う問いに対しては断然メイドの方だと言い切ります。
お嬢様もHシーンには絡んでくるし、充分な肉体関係を結びはするものの、ウエイト的には添え物です。
ステーキ注文したら何も言わなくても皿に乗ってるポテトかブロッコリーです。
肉汁が浸み込んでいて美味しいです。

個人的にイチ押しなのがメイドが脱いだ姿です。
ロープライス帯の悪い癖「CG使い回ししすぎ」の仕業ではなくて、本当にどのシーンでも必ずガーターベルト装備なのが最高です。
少し背が高めでスタイル抜群な黒髪美女に紫の下着が恐ろしいほど似合っていました。

そして、彼女の魅力はボディだけではありません。
メイドとして優秀で、特に公私の別をわきまえて半ばロボットのような"使用人"に徹する能力は感心するほどです。
しかし、時折その無感情がほころぶ瞬間があるのです。
それは[登場キャラ紹介]に書いてある通り男性経験の無さゆえの初々しい痛みだったり、主人公から情熱的な告白を受けて本心を漏らしてしまったり、頻繁ではないとはいえ印象的です。
その鉄仮面がひび割れて奥の素顔を覗き見た感覚が女を堕としたそれと近似する、勝利の美酒を味わわせてくれました。

それらを踏まえて本作の大いなる良さは美人メイドさんが処理してくれる日常を体感できる点です。
主人公は良くも悪くも平凡な少年だと強調されています。
ルートによっては短絡的過ぎてイラ立つ後味を覚えたりしましたが、それも天才ではない凡人の証明です。
そんな彼が訳も分からぬ間に良家に招かれ、頼んでもいないのに麗しいお姉さんに夜伽してもらえる、巻き込まれラブストーリーとして終始しています。

報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。