DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 【入浴・耳かき】あやかし郷愁譚 ~洗濯狐 お紺・秋~【焼き芋・香油マッサージ】 [Whisp]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
【入浴・耳かき】あやかし郷愁譚 ~洗濯狐 お紺・秋~【焼き芋・香油マッサージ】 [Whisp]
サークル名 Whispフォローする
販売日 2019年01月01日
シリーズ名あやかし郷愁譚
シナリオ 進行豹
イラスト Cura
声優 伊ヶ崎綾香
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
WAV
/ MP3同梱
ジャンル
ファイル容量
総計 2.23GB

作品内容

四国、高知の山奥にある隠れ里。茂伸――
ひととあやかしが共に暮らすことができる、最後の聖域。

その一角にひっそり佇む小さなお洗濯屋さん~お紺~。

”洗濯屋・お紺”の主は、お店と同じ名前の、お紺。
お洗濯をその性とする、静岡出身のあやかし――洗濯狐。

あなたとの再会を喜ぶお紺は、おなかから、背中から。味で、匂いで、そうして声で――あなたのこころと体に溜まってしまった疲れを、ゆるゆるとお洗濯してくれます。

人混みを遠く離れた山里で、ゆったり、ゆったり、お紺の導きに身を任せ、リフレッシュして、眠りに落ちてみませんか?

あやかし紹介 ~お紺(再会)~

「旅の方、おひさしぶりです。
よかった、また尋ねてきてくださったんですね。
お紺、ずっとお待ちしておりました」

旅につかれたあなたとの再会を一心に喜んでくれる、『洗濯屋 ~お紺~』の主である洗濯狐・お紺。

深まりゆく秋色にそめられながら、お紺はあなたのこころと体を、秋らしいおもてなしで、ゆったりとくつろがせてくれます。

冬の足音も遠く聞こえる山深くを照らす、囲炉裏の火。
そのあたたかさよりなお強く、お紺のこころづくしはきっと、あなたのこころも体もぽかぽか、ぬくもらせてくれることでしょう。

あなたを信じ、一生懸命よりそい尽くすお紺との甘いひとときを、どうぞめいっぱいお楽しみください。

曲目です。お紺との時間はこちらからお確かめくださいませ

  1. 1.タイトルコールとこの音源の楽しみ方 9:03

    「この音源は、あなたが疲れてしまったときに、
    なかなか寝付かれない夜に、
    気持ちをやわらかにときほぐす――」

    「そのお手伝いをできたらいいな、ということを目的とした音源です」

  2. 2.お紺と焼き芋 25:54

    「……この、あるみほいる? というのは便利ですねぇ。
    ただの銀紙かと思ったら、火の中でも燃えないだなんて」

    「おかげで、お芋さんを焼くのも……」

    「うふふ、とっても簡単になりました」

  3. 3.お紺の背中流し 19:15

    「え? あ、これですか? 
    ヘチマです。ヘチマたわし」

    「ヘチマをきって、茹でて、皮をむいて、乾かしたもの。
    お肌をこするのに、とてもよいものなんですよ?」

    「このヘチマたわしに――ん……泡立てた泡を、たっぷりとうつしとりまして――よいしょ!」

    「どう、ですか?
    少しでも痛かったり、逆に弱すぎたりしたら
    遠慮なくいってくださいね?」

  4. 4.お紺の耳掃除(右耳)14:13

    「うふふっ、今日はこの子で――
    綿棒で、お耳のおせんたくをさせてください」

    「ほんの少しでも痛かったり、痒かったり、
    こそばゆかったりいたしましたら、
    遠慮せずお知らせくださいね?」

    「もちろん、お紺は洗濯狐。
    そのようなご不快は一切なしに、
    旅の方のお耳をすっかり、綺麗にできると思いますけれど」

  5. 5.お紺の耳掃除(左耳)9:53

    「――左のお耳も、うふふっ、おふろあがりで、綺麗ですねぇ。うぶげが少ぉし、水をふくんでいるようです」

    「それじゃあ、お耳掃除を再開しますね?――
    ん……<耳かき音>――はい、うふふ、わかっっています。
    もちろん、お話の続きも、すぐに――<耳かき音>」

  6. 6.添い寝、ささやき(寝つかせ)18:11

    「うふふっ、おふとん、あたたかですね。
    ここのところ、秋の気配が、どんどんふかまりましたものね」

    「もう少しすると、入った瞬間はお布団の方がひんやりとする――そこまで、冷え込むのでしょうけれど」

    「だけれど、いまは――(ぽんぽん)――うふふ、あったか。
    おふとんも、すぐ隣りのお布団にいる、あなたのお体のぬくもりも――」

    「あらあら、うふふっ、大きなあくび。
    (ぽんぽん)――あたたかで、せっけんのいいにおいがして、とってもやすらぎますものねー」

制作に貢献なさった方たちの一覧にございます

お紺:伊ヶ崎綾香 @ayakaigasaki
イラスト・キャラクターデザイン:cura @curacuracura
シナリオ:進行豹 @sin_kou_hyou
収録:明神下スタジオ
編集:新井健史 @arakeso
制作:whisp
その他:シロクマの嫁【http://sirokuma-ayaka.info/

備考ですよ、旅のお方

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
収録環境の改善により、音質が向上致しました!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■ファイル形式
WAV:96kHz / 32Bit ハイレゾ音質
MP3:44.1kHz / 320kbps
高解像度イラスト&テキスト同梱

<期間限定>豪華なプレゼントキャンペーンがあるそうです。ご応募、お待ちしておりますね

 

同一シリーズ作品

同一声優作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

ピックアップ

続編待ってました!

2019年01月06日   購入済み

レビュアーオススメ!

これは続編です。前作がまだの方は、そちらからのお求めオススメします!前作では、急な雨で雨宿りをお願いした主人公がその家の主、お紺にお世話になる話です。お紺は洗濯を主とする狐、洗濯狐だったので主人公の服を乾かし、濡れた髪を洗ってくれます。その中でお紺の昔話を話してくれます。お紺がなぜここにいるのか、なぜ洗濯を主としているのかなど、色々話してくれます。この作品は以上の続きとなっています。なので最初にも伝えたように、この作品をご購入される方は、ぜひ前作からのお求めをお考えください。

6人 が役に立ったと答えています 報告する ]

続編最高でした!

2019年07月18日   購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

前作を聴いて凄く良かったので続編のこちらも買いました!
今作は再びお紺さんに再開をして甘い時間を一緒に過ごします。秋の季節のお話だったので、一緒に焼き芋を食べたり、添い寝で秋の風景を感じることが出来て凄く癒されます。今作も全年齢作品ではありますは十分聞きごたえのある作品です(^^)

報告する ]

ただひたすらに可愛くて悶々とさせられる

2019年05月13日   購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

さすがwhispと言わざるを得ない音質・台本・設定。
初めて聞いた時は終わってしまったことに絶望してしまった
続編を心待ちにしている。はよ結婚しろお前ら
このあやかし郷愁譚シリーズはここから入ったが、この洗濯屋さんが最高だと思ってます。
癒しが欲しい人にはとてもオススメです。

報告する ]

紹介文通り

2019年05月05日   購入済み

絵の通り紹介文の通りで、サークルさんと声優さんからイメージされる通りの作品設定になっていると思います。

とにかく落ち着いた雰囲気が好きな人には好まれると思います。逆にあまりキャッキャはしていません。

とにかく聞いて落ち着きたいor落ち着いて聞きたいかたにおすすめです。

報告する ]

お紺ちゃんが尊い

2019年04月04日   購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

最高の飯テロ

2019年04月03日   購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

焼き芋とあったので、最初は意味が分かりませんでした。
何故耳かきをするのに焼き芋なのか、と。

しかしながら、それは杞憂に終わりました。

焼き芋を聞くだけでそこに焼き芋が表れたのですから。

つまり焼き芋と耳かきを両立させてしまった素晴らしい作品であるという事です。

報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。