({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 F.T.W.フォローする
販売日 2019年01月12日
シリーズ名三文字
作者 千葉ノダヲ
シナリオ 千葉ノダヲ
イラスト 和鳴るせ
声優 棗いつき / 和鳴るせ / 浅木式 / 大山チロル / みもりあいの / 天知遙 / 浅見ゆい / 沢野ぽぷら
音楽 ArrowWave
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット95
ジャンル
ファイル容量
380.15MB

作品内容

●あらすじ
『頬椋近』の自殺から――年が明けて、一月三学期。
籠目聖心女学院は、生徒会執行部新規部員選挙に揺れていた。

そんな中、一年鳥組『間白比依』は友人の選挙活動の手伝いをしていた。

そしてある日。
『間白比依』の前に、
『椿四十九』の妹を名乗る少女『椿九十九』が現れる。

自殺をした『頬椋近』の双子の姉である『頬椋遠』。
行方不明とされている彼女は、二年月組『竜胆終』に殺されたのではないかと告げ、
その事実究明を打診する。

ある報酬を条件に、
不承不承、『間白比依』は『竜胆終』の元へと赴くのだが――

●初出 C95.2018.12.30
 ※作品は、単体で完結しています。

●原画
 和鳴るせ
 https://twitter.com/kazunariruse

●音楽制作
 ArrowWave
 https://arrowwave.net/

●タイトルロゴデザイン
 なのはなこひな
 http://www.cottontail0112.com/

●キャスト
 間白比依――棗いつき
 https://twitter.com/itsukinatsume
 間白止依――和鳴るせ
 https://twitter.com/kazunariruse
 周防環――浅木式
 https://twitter.com/asagishiki00
 鷲見郁――大山チロル
 https://twitter.com/mirai_chiroru
 音倉楓――みもりあいの
 https://twitter.com/mimo_chorion
 兼能美織――天知遙
 https://twitter.com/__amachi
 竜胆終――浅見ゆい
 https://twitter.com/y_asm
 椿九十九――沢野ぽぷら
 https://twitter.com/poplar_berm

●プロモーションムービー制作
 けあふりぃ
 https://twitter.com/carefree2003

●HPデザイン
 アマゾン瀧沼
 http://mypage.syosetu.com/86742/

●原作・シナリオ・キャラクター原案
 千葉ノダヲ

同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 1件

IIの名は伊達じゃない…

2019年01月21日   人気レビュアー:Best400 購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

プレイし終えたので感想
(前作はボイスドラマの方だけ視聴済み)

名前にある通り2作目で、前作のキャラの名前がちょくちょく出てきます
いちお作中で軽く紹介はしてくれますが、前作をプレイ(視聴)してからのほうがいいと思います
前作ほど退廃的な導入ではなく、友人や前半のとある事象を巡る他者とのやり取りでそれほど鬱屈した雰囲気ではなかったです
とはいえところどころで怪しい展開はありますが…
後半は畳みかけるような怒涛の急展開となります
伏線も上手に回収しつつシナリオをまとめ上げていますが、エンディングは人を選ぶでしょうね(まぁそれは前作も同じかな)

鬱展開が好きな人などにはおすすめ

P.S楓ちゃんは癒し

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。