({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • なめぬるり [音撫屋]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
なめぬるり [音撫屋]
サークル名 音撫屋フォローする
販売日 2016年01月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
イベントコミックマーケット89
ジャンル
ファイル容量
605.39MB

作品内容

ちゅぱ音、ぬるぬる音メインの作品です

------------------------------------------
【トラック内容】
01.いらっしゃい(紅桜、遊墨、白廉)10:00
 大雨の中。あなたは繁華街から外れた街の裏通りで、少女たちに出会う。

02.好きとキスと耳舐め(紅桜) 19:40
 紅桜にとても気に入られたあなたは、彼女なりの愛情を受ける。
 
03.ぬるぬるまみれ(紅桜)14:32
 あなたを気持ちよくするために、さらに彼女なりの愛情を受ける。
 
04.あそこの取り合い(紅桜、遊墨、白廉)17:56
 彼女に気に入られたあなたは、さらに他の少女たちからも愛情を受ける。
 
05.いけない夢(紅桜、遊墨、白廉)29:57
 家路についたあなたは、ひたすら愛されるいけない夢に犯される。
 
☆以下再訪トラックです。05からの続きです。
 好きな人物を選んでご視聴ください。

06_01a.再訪(紅桜)28:50

06_01b.死ぬまで一緒(紅桜)12:41

06_02a.再訪(遊墨)32:38

06_02b.お金の関係(遊墨)13:57

06_03a.再訪(白廉)26:47

06_03b.新しいおもちゃ(白廉)15:20


【おまけ】
おまけは03トラックキャラ別になっています。
使用箇所、不使用箇所が連続で入ってます。

詳しいプレイ内容はサンプルのテキストを参照してください。

--------------------------------------------

【収録時間】
3:42:24

【制作】
音撫屋:http://otonadeya.com/

【イラスト】
kochi

【出演】
紅桜:かの仔 http://kanoko46.blog.fc2.com/
遊墨:野上菜月 http://anatani.chu.jp/
白廉:伊ヶ崎綾香 http://sirokuma-ayaka.info/

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ラブラブ/あまあま(54) フェラチオ(51) 着物/和服(50) 癒し(48) 手コキ(45) 中出し(42) 複数プレイ/乱交(40) 少女(37) ロリ(29) ノーマルプレイ(29)

レビュー数 : 202件

ピックアップ

R18バイノーラル音声のレジェンド

2016年08月22日   人気レビュアー:Best100 購入済み

レビュアーオススメ!

R18のバイノーラル作品というジャンルにおいて、当面の間本作を超える作品は出てこないのではないか。
そう思わせる力を持つ作品である。

この作品はとにかく距離が近い。視界を封じられた状態で聞いたら本当に囁かれ、舐められているのではないかと錯覚してしまう。
そんな近距離からひたすら「好き」を囁かれ、耳を愛され、ひたすらに奉仕される。
これを幸せと言わずして何と呼ぶのだろうか。

参加している声優様は改めて言う必要もない、同人音声界における百戦錬磨の面々であり、音に対するこだわりもこれでもか!という程に感じる。
大音量で聴いてもノイズ一つ感じないし、逆に音割れしている箇所もない。
雑念なしに音へ没頭することができる。

そして3時間半を超えるボリューム。
各トラック一切の使いまわしもなく、妥協なく作られているのを感じる。
ハーレム展開も素晴らしいが、個別トラックもキャラクターの個性が出ていて非常に良い。

これほどの作品を1000円を切る価格で出せるのだから、信じられないことである。
同人音声好きにとってマストアイテムと言える作品だろう。

34人 が役に立ったと答えています 報告する ]

ピックアップ

いまさらながら購入

2018年05月22日   人気レビュアー:Best1000 購入済み

レビュアーオススメ!

結構前の作品を今更ながらレビューを見て購入。まさにレジェンドですね。演技力がズバ抜けているので夢中になってしまうこと間違いなし。ただエロいことをってわけでなく、筋のあるなめまかしくて現実感のあるエロは最高です

10人 が役に立ったと答えています 報告する ]

ピックアップ

先に『さきゅばすどれいさきゅばす』を購入した者の感想です

2017年01月21日   人気レビュアー:11位 購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

自分はタイトルにある同作品(以下さきゅどれ)に寄せられていたレビューより、この作品の存在を知りました。
最初は「こちらの方が先に出ている分“さきゅどれ”よりかはクォリティが下がるかな? 参加している声優さんもこっちの方が人数が少ないし――」
とか失礼なことを考えていたのですが、人気とDL数に引かれましたので、取り敢えずは購入して聴いてみることに致しました。
結果、驚くことに全然“さきゅどれ”に劣るどころか勝る部分も多くて、総合的なクォリティでは全く優劣が付けられません。
まるで韓非子の矛盾です。もうどっちが優秀かなど、考えること自体が不毛に感じられます。
両方買って、両方聴いて、両方楽しむ――。それが最善の答えでした。

音響、演技、実用性など、音声作品で基本的に必須項目とされる点はどれも『完璧』の一言に尽きます。
そして“さきゅどれ”との相違点を上げるならば、こちらの方が幾分か神秘的であり、女性たちの主人公に対する接し方も柔らかに感じられますね。
女性陣の思考や目的がはっきりしている方が“さきゅどれ”で、曖昧や不明瞭な点を残し、ミステリアスな魅力を漂わせているのが“なめぬるり”と言ったところでしょうか。
作品を『一つの物語』として見た場合、色々と想像出来る余地が多いのでこの点は“なめぬるり”に軍配が上がります。
一方でキャラの数やプレイ内容の豊富さについてはあちらに軍配が上がりますので、本当にこれは個人の好みで評価が分かれるところかと。

あと個人的にかなりお気に入りなのが、耳元で何度も「好き」と囁いてくれることです。
これ、本当に脳に来ます。
何度も囁かれている内に段々と蕩けてしまいます。
耳舐めも完璧ですが、自分はこの囁きがとにかく魅力的に感じました。

なめぬるり――。
音声作品を購入される方ならば、初心者さんも玄人さんも確実に押さえておきたい名作です。

5人 が役に立ったと答えています 報告する ]

三者三葉

2019年04月01日   購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

世界観がしっかりした作品

2016年12月14日   人気レビュアー:Best300 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

冒頭で雨宿りをしている主人公が格子窓の中から声をかけられ・・・・という導入ですが、主人公が店の中で暖を取りながら紅と会話するあたりの、やや物憂げな雰囲気が良いですね。
ヒロインとなる三人娘も明るくさばけた性格の紅、年上らしく落ち着いた墨、人見知りする妹キャラの白と、声優さんの演技だけでなく脚本段階での描き分けもしっかり出来ています。
そして3人エッチの時にワガママを言う白を墨がたしなめるなど、全編通じてキャラと雰囲気を壊さない丁寧な作りをしている事に好感が持てました。

3人でのエッチは舐めに特化し、本番込みの本格的なエッチは各キャラとのマンツーマンのみというのも面白いですね。3人エッチで本番まで入れて乱交プレイにしちゃうのは本作品の雰囲気に合わないので、自分としては良い判断だと思います。
「延々とリップ音を聴かされるだけじゃないの?」と思って敬遠されている方にもオススメできる、質の高い作品です。

ちなみにサークルさんのHPで高解像度のジャケット絵を公開されているので、購入された際には忘れずにダウンロードしましょう(^^)

3人 が役に立ったと答えています 報告する ]

文句なしの実用性

2016年01月14日   購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

音声作品では有名なおさん方による作品と聞いてこの作品を購入させていただきました。
 まず最初に導入では、自然と耳になじむ環境音と共に会話が始まり、状況把握が容易でした。そのおかげで、すんなりと物語に没入することができました。また、会話の内容で登場人物の大まかな性格がわかり、個々のキャラクターをきちんと認識できるようになっていてよかったです。
 track2,3では耳元での会話が多く、リップノイズやポップノイズが心地よく聞けて、一部の会話では囁きにさえ快感を感じる程でした。メインの耳舐めは緩急のきいた責めで、単調にならずに違和感なく聞けてよかったです。
 track4では役者が三人同時に登場しますが、序盤でのキャラの把握も相まって、それぞれの役者が生き生きと表現されていて素晴らしかったです。また、このtrackを通してそれぞれの役者の性格がぶれていなかったことも良かったです。加えて、シチュエーションもちょうどいい長さで替わっており、実用性の面でも非常に高かったです。
 続けてtrack5では、色んな方向から声が聞こえ、会話にならない短文が紡ぎ続けられるのが夢らしい雰囲気を醸し出しており、脱力しながら興奮できる内容でした。
 最後にtrack6をまとめて述べると、それぞれキャラらしい反応や物語が紡がれ、どの役者のトラックを聞いても堕落するのがわかっていても抗えない、むしろ望んで堕落しそうな話術とキャラの良さがはっきりと表れていました。
 一方、すべてのトラックを通して気になった点としては「キスのシーンが文脈的にキスしてるのはわかるけども、音ではわかりづらい」「track3と4と5のそれぞれの間には時間の経過、または場面転換があるのに、続けて聞くとその間の短さに違和感を感じた」などです。
 しかし、以上の点があったとしても十二分に実用性が高く、買ってよかったと思える作品でした。

3人 が役に立ったと答えています 報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン