({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • カタプレゴス譚 深海の花嫁さま [星枢観測所]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
カタプレゴス譚 深海の花嫁さま [星枢観測所]
販売日 2018年08月20日
シリーズ名カタプレゴス譚
作者 宵待 愛理
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ジャンル
ファイル容量
31.9MB

作品内容

全36ページ(二話8p、三話16p)
異世界ファンタジーのラブコメディ二作目です。
前回の続編というより主人公と環境だけが同じ別の話のような形となっています。

こことは違う世界、『夜の国』。
そこにある東の国のお姫様は、今日も元気にはしゃぎまわっている様子。
今日は、国外れに住むおばあちゃん(血縁ではない)の家に遊びに行った時、何気なくこう言われたようです。
「良い人捕まえるには、家事なんか出来るようになっておかないと」
レジィがお姫様だって事を知らないおばあちゃんだったみたいです。

『夜の国』中央にある、大監獄。
今日は各地の王族が集まって会議をする王族会議の日。
そこにはいつも、埋まらない席があるようです。
所変わって、大海のどこかにある深海の宮殿にて、ある二人が女子会をしていました。
片や、東の国のレジュリヤ姫。もう片方は、大海の長、深海の主であり、毎回王族会議を欠席しているラススヴィエート嬢でした。
王族会議行きたくない、もはや結婚して旦那さんに全てを任せてだらけたいと言うラススヴィエートに、レジュリヤは一つ提案をします。
「じゃあ地上まで行って結婚相手探そっか!!」
弱冠九歳児、数千年単位の引きこもり娘の婚活を目論む。

同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン