漆黒の剣士ソルと乙女ゲームでステータスをカンストした皇女

  • 漆黒の剣士ソルと乙女ゲームでステータスをカンストした皇女 [アウリーガ]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
漆黒の剣士ソルと乙女ゲームでステータスをカンストした皇女 [アウリーガ]
サークル名 アウリーガ
販売日 2022年06月30日
カップリング
シナリオ mtk
イラスト キキノ
声優 十月トウマ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
WAV
その他
ジャンル
ファイル容量
1.1GB

作品内容

■乙女ゲームの皇女に転生してしまった貴方!寝室に剣士ソルが訪ねて来きて

漆黒の剣士ソルと乙女ゲームでステータスをカンストした皇女 [アウリーガ]

──────────────────☆
☆キャスト
──────────────────
声優 十月トウマ
シナリオ mtk
イラスト キキノ 
制作 アウリーガ

■純愛ファンタジーの世界がたっぷり楽しめる87分♪ 
■効果音無しバージョンも同梱

■乙女ゲーム『皇女アルシェール』

漆黒の剣士ソルと乙女ゲームでステータスをカンストした皇女 [アウリーガ]

──────────────────☆
☆ストーリー
──────────────────
ヒロインはコンプリートするのが難しいと言われている
乙女ゲーム『皇女アルシェール』に『ドはまり』したしがないOL。

全ルートコンプリートを目指していたある日、寝食も忘れ没頭した結果『ハッピーエンド目前!』
そんな浮足立つ…仕事の帰り道、突然の交通事故にあってしまった………。

次にヒロインが目が覚めると、そこは乙女ゲームの世界。
戸惑いつつも最初に自室のドアを開いた相手はハッピーエンド目前だった漆黒の剣士『ソル』

真剣な表情のソルに、思いの丈をぶつけられる。
ヒロインへの愛情がMAX状態で感情の抑えが効かないソル
力強い愛をそのまま受け入れるしかなくて………。

■キャラクター紹介

漆黒の剣士ソルと乙女ゲームでステータスをカンストした皇女 [アウリーガ]

──────────────────☆
■ソル CV:十月トウマ
身長:180cm
職業:剣士
年齢:26

辺境の村で幼い頃から修行を重ねてきた屈強な剣士。
幼い頃から親代わりであった「師匠」に剣術を習い
師匠から「その剣をいつか王国のために振るうのだ」と教え込まれてきた。

性格は真面目で、戦うこと以外には興味もなかった。
しか主人公の可憐さだけではない心優しさ、仲間思いなところに惹かれ、いつしか自分だけのものにしたい……という欲望が芽生えるようになる。
──────────────────☆
■主人公 CV:無し

コンプするのが難しいと言われている 乙女ゲーム『皇女アルシェール』に『ドはまり』したしがないOL。

全ルートコンプリートを目指していたある日、寝食も忘れ没頭した結果フルコンプリート目前に浮足立つ…仕事の帰り道、交通事故にあってしまった………筈が、気が付くとそこは乙女ゲームの世界。
戸惑いつつも最初に自室のドアを開いた相手との交流を経て、「皇女アルシェール」として生きていくことを決意する。

■トラックリスト

■たっぷり楽しめる87分♪

01.異世界転生、皇女になっちゃった 3:44 

突然の異世界転生に驚いている貴方のもとにやって来た。
『剣士のソル』
ヒロインを身体を張って守り抜いたソルは
これからもヒロインの傍に居たいと告白をする。
『…… 頼む…… このままでは俺は…… お前のことを…』



02.ソルの告白、無理やり(手淫)15:06

ベッドに押し倒され、愛撫されるヒロイン
『乳首を舐められて感じているのか?…ずっとこうしたかった』


03.奥を疼かせてやる(挿入・中だし)17:36

『好きだ、好きだ…… !お前のことだけを俺は…』
ソルの激しい愛に連続絶頂してしまう貴方。

04.つかの間の逃避行(愛撫・騎上位)17:21
ヒロインをさらって故郷に帰ったソルに
じっくりゆっくり愛されてしまう。
『はっ… はあ… まだ駄目だ、何度絶頂したって抜いてやるものか』


05.もっと深く繋がるからな(連続射精)17:22

ヒロインの幸せを願い離れる決断をするソル。
『俺のものでお前の此処を壊したい…激しく…』


06.たった一人の伴侶(ラブラブH・ハッピーエンド)16:44

『俺の身も心も…… お前に捧げたい……』
王宮に帰ってきた二人


結末は ぜひ製品版お楽しみください。

サークル作品一覧

作品をもっと見る

販売作品

同一声優作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

最近チェックした作品

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。