({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 彷徨う追慕をまたどうぞ [Sacrifice]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
彷徨う追慕をまたどうぞ [Sacrifice]
サークル名 Sacrificeフォローする
販売日 2019年06月27日
作者 凶兎凶
シナリオ 凶兎凶
イラスト びねが~
声優 十月トウマ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
167.74MB

作品内容

<作品概要>
夏のある日、貴方は両親の7回忌のために宇佐美町を訪れる。
静かに墓所に眠る両親。
揺らめく陽炎の中、今にも息絶えそうな油蝉が貴方の足元で鳴いている。
見慣れた風景。ここに戻ってくるのは、そう――両親が殺されたあの日以来。

「こんにちは、お墓参りに来たんだね」

聞き覚えのある声に立ち上がって振り返る貴方は、
幼い日に一緒に遊んでくれた彼と再会する。

それが悲劇の幕開けに――。
いや、もう――。

悲劇はとっくの昔にはじまっていたことを、知らずに。


※ヒロインを傷つける描写の暗示があります。
 お嫌いな方は視聴を避けてください。

──────────────────
 <登場人物>
◆市塚明兎(いちづか みんと)
24歳。工具店メーカー勤務。
他人に心を開かず、陰鬱としている青年。
両親の墓参りに来たヒロインと再会し、
自らの欲望を果たそうとする。

◆ヒロイン
21歳。数年前に友達の家に遊びに行っている最中に、家と両親を失った。
その後、親せきに引き取られて、大学に通っている。
両親の命日である夏のある日、ヒロインは明兎と再会する。
――幼い日の懐かしさを覚えるヒロインは、成長した明兎からある事実を告げられる。

──────────────────
 <トラック一覧(約63分)>
※同梱の「本編1:掲示板.txt」をご覧になってから、下記音声をお聞きください。

本編2:01_冬・桜の花びらの便箋(04:53)
本編2:02_秋・彼岸花の咲く山奥(20:20)
本編2:03_夏・晩夏の向日葵(09:24)
本編2:04_夏・死んだ油蝉(19:12)
本編2:05_冬・一筋の氷柱(06:05)
フリートーク(03:38)

・SEなし版を同梱してあります。
・全編バイノーラル録音となります。
・音声やイラストの複製・二次配布・無断アップロード・配信サイトでの配信等は固く禁じます。
────────────────────────
 <制作情報>※敬称略

作家:凶兎凶
シナリオ:凶兎凶
イラスト:びねが~
CV:十月トウマ

同一声優作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

年上(5) 退廃/背徳/インモラル(4) 強制/無理矢理(3) 監禁(3) シリアス(3) 中出し(3) ヤンデレ(2) 幼なじみ(2) 青姦(2)

レビュー数 : 8件

心が痛い

2019年06月30日   人気レビュアー:Best200 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

ヤンデレというより…

2019年06月28日   購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

優しく哀しい物語

2019年06月28日   人気レビュアー:Best100 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

深くて難しい、けれど素敵な感覚

2019年06月28日   人気レビュアー:Best700 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

まず、主人公の明兎くんの感情の起伏が凄い。それを演じる十月さんの演技力に凄く感銘を受けました。様々な作品でも喜怒哀楽はあると思いますが、これまで聴いた中で、ここまで熱のこもった気持ちの表現をされたものは聴いたことがありませんでした。

また、始まりから終わりにかけても、内容や進み方が複雑で聴いてるうちは中々理解が追い付きませんでしたが、付属されているSSを読むことで、あぁ!なるほど!そういうことか!と納得することができました。
これらを踏まえて、最初は分からなかったことも、再度聴くことで、また新たに楽しめそうな作品になりそうですね!

エロさは少し控えめかな?と思いつつも、内容が内容だけに、こちらの作品はエロさよりもシナリオや明兎くんの気持ちになって考えさせられる不思議な音声作品だと思いました。明兎くんの気持ちやこれまでの過去を知り、楽しめる作品でもあり、切なくなってしまう少し悲しい気持ちにもなりますね。

このような一風変わっているけれど、考えさせられる内容、一つ一つの台詞に気持ちがこもってる素敵な作品に出会わせてくれてありがとうございました。

2人 が役に立ったと答えています 報告する ]

うさぎは桜の下に心を置いて静かに消えた

2019年10月14日   人気レビュアー:Best300 購入済み

レビュアーオススメ!

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

ストーリー構成が面白いです

2019年07月09日   人気レビュアー:18位 購入済み

レビュアーオススメ!

エロ重視というより、シナリオ重視派の方にオススメできる作品です。
本編視聴前に読むSSから音声本編のシナリオまでよく練られ、作られています。2回3回と聴くことで物語の全貌を知ることができ、リピートして聴くのが面白いです。

声優さんの演技も大変良かったです。
キャラクターの不安定さや繊細さを表現されており、迫真の演技をされていたと思います。

主人公の明兎くんについては……聴く人によって解釈の違うキャラクターだと思います。決して許されないことをしたけれど、私は、心の底から彼を憎むことはできませんでした。

またトラックごとに彼に対して抱く印象が違います。
特に一番最後にあのトラックを持ってきて物語を締めた構成に関しては最早ずるいとしか言えません。最後の最後のあのお話を聞くと、胸がぎゅっとなりました……

凝った物語が聞きたい方、考察できる物語を聞きたい方にオススメします。

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。