({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • できそこないのこどもたち Subject:168 [Duosides]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
できそこないのこどもたち Subject:168 [Duosides]
サークル名 Duosidesフォローする
販売日 2017年08月24日
シリーズ名できそこないのこどもたち
シナリオ 虚羽あす
声優 麻生修也
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット92
ジャンル
ファイル容量
117.39MB

作品内容

■同一内容を収録したパッケージ版を2017年夏コミケ(C92)にて頒布いたしました。
重複購入にご注意ください。


できそこないのこどもたち Subject:168
──────────────────────────────

――いつものように仕事から帰ってきて、
誰もいない部屋でひとり、“明日も仕事だ”と言って眠りについた
…はずだった。

目が覚めると、無機質な真っ白い部屋にいた。
そこでひとりの青年に微笑まれる。

“おはよう
会いたかったよ――母さん”  と。


あなたには5人の子どもがいるのだと告げられる。
  ――産んだ覚えは全くない。
その5人の中には、あなたと同じくらいの年齢の子もいる。
  ――どう考えても年が合わない。

「あなた」と「5人の子ども」しか存在しない
この小さくて狭い世界から、一生出ることは叶わない。

──────────────────────────────

“僕たち、何のためにここに入れられているのかもわからない。
名前もなかった僕に、生きる意味をくれたのが母さんだったのに……。
なのに、何も覚えてないの?”

“ね、一緒にお薬キマったままえっちしようか?
もう一度キスしよう? 何度でも、深いキスをしようよ。”

“見て。僕の身体……目を背けないで、全部、全部みて。
ふふふ、大きいでしょ……? 母さんはこれが好きだったよね。
ねえ、僕のものだって、僕に教え込んでよ。
くわえ込んで離さないで、僕のものになってよ!”

“母さんが僕のことを思い出すまで……
母さんのおま○こが僕の形になるまで、ずっと入っててあげる。”



◆トラックリスト
──────────────────────────────

track1. おはよう ―セマイハコニフタリキリ 07:18 
track2. 僕の秘密 ―クスリノフクヨウ(キス) 08:14
track3. 僕だけの母さん ―コンナニモツクシテル(愛撫/前戯) 13:00
track4. 紅い印 ―クスリノコウカ(正常位/軽度の無理矢理描写あり/顔射) 17:27
track5. 弱い存在 ―ソンザイショウニン 04:55
track6. 僕が愛している人 ―コドモガオワルトキ(フェラ/69/後背位/中出し) 21:59

約73分

──────────────────────────────

**外界から隔絶された施設で「母」として「恋人」として愛を求められる18禁シチュエーション音声作品です。
**本作はシリーズもの1作目で、「168」との物語になります。登場キャラは一人ですので、ご注意ください。
**淫語の表現が含まれております。
**本作は「近親相姦」「キメセク(薬物)」の要素を含みます。
(ただし、完全に近親というわけではありません)
(また薬を服用するのがキャラクター側なので、本格的なキメセク描写をお求めの方には物足りないかと思います。ご注意ください)


「子ども」のことが何だかんだで見捨てられず、絆されてしまう、といったお話です。
全てファンタジーです。全体的にリアリティはありません。
あまり深く考えない方がお楽しみ頂けるかと思います。(上記要素を十二分にご確認ください)

──────────────────────────────
CV:麻生修也(@asou569631)
シナリオ:虚羽あす(@goodycole)
イラスト:天由
ロゴデザイン:chuck
企画/制作:Duosides

「Duosides」
 ★お知らせの他、オマケコンテンツなどをメインに更新予定です!
 http://duosides.com

 ★新作情報やキャンペーン等のお知らせを呟いております!
 https://twitter.com/duosides

同一シリーズ作品

同一声優作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

ピックアップ

168くんが愛おしくなりました!

2017年08月26日   人気レビュアー:Best100 購入済み

レビュアーオススメ!

Duosidesさんの作品が好きなので、迷わず購入いたしました。
今回も期待を上回る素晴らしい作品でした。

168くんは兎に角お母さんが大好きで、大好きすぎるあまりに少し壊れてしまった子です。
かなり情緒不安定なタイプのヤンデレで個人的に大好物でしたが、落ち着いたタイプのヤンデレがお好きな方はご注意ください。
168くんの普段の喋り方は、少し気弱で甘えん坊っぽい、可愛らしい雰囲気です。
しかし、スイッチが入ると豹変します。この豹変の演技が素晴らしく、少し怖くもぞくぞくしました。迫真の演技でした。ヤンデレの笑い声が好きな方は是非。
逆にヤンデレ、情緒不安定が苦手な方、怖がりな方はご注意ください。
また、最中のちょっと男らしい感じにはきゅんときました。ギャップに惹かれる方にもおすすめです。

お話もさすがのDuosidesさんです。
お母さんが好きで好きでたまらない168くんと、何も覚えていない(知らない)お母さん。
その二人がどうにか分かり合うまでの過程がとてもよかったです。
作品説明にもありました「何だかんだで見捨てられず、絆されてしまう」の「何だかんだ」がとてもよかったです。
すぐには受け入れられず、きちんと168くんを理解できない・怖いと感じるお母さんの反応と、それに対する168くんの葛藤もよかったです。
それ故に、後半の流れにじんときました。本当に168くんを抱きしめてよしよししてあげたくなります。「何だかんだ」愛おしくなってしまいます。
大変なことも多いでしょうが、168くんとお母さんに幸せな先があればいいなと思います。

9人 が役に立ったと答えています 報告する ]

寂しく切ない

2019年03月24日   人気レビュアー:Best500 購入済み

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

仄暗い世界観で好きです

2018年12月14日   人気レビュアー:2位 購入済み

レビュアーオススメ!

レビュアーが選んだジャンル :

ずっと気になっていた作品をやっと聞くことが出来ました。イラストからして仄暗く切なく不思議な世界観でわたしは大好きです。薬を服用しているということで、普通の子ではないんだろうなとは思っていたのですが、やっぱりそうでしたね。情緒不安定でかーさんと通じ合えないと激昂するのでその慟哭が怖くて切なかったです。ほんと〇供です。しょっちゅう薬のことを考えて服用するのでハラハラしました。あどけなさそうなのですが、エッチはガッツリで良かったです。
何度かハラハラしましたが最後まで聞き終わったときはほっとしました。168君に救いのある世界であったなら良かったです。
この仄暗い世界観とシナリオに感動しました。CVさんの演技も素晴らしかったです。ありがとうございました。

1人 が役に立ったと答えています 報告する ]

はずれなし!

2018年11月27日   人気レビュアー:Best700 購入済み

レビュアーオススメ!

やはりここのサークルさん、そしてライターの義ヰさんにはずれはないです!!

監禁やヤンデレ系が多い中、こういうストーリーに惹かれてしまいます。

『お母さん』という設定は少し抵抗ありましたが、実際に視聴してみると、まったく気になりませんでした。

報告する ]

かわいそうかわいい

2018年10月02日   人気レビュアー:Best1000 購入済み

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

珍しい雰囲気の作品

2018年09月07日   人気レビュアー:Best200 購入済み

レビュアーが選んだジャンル :

今まで気になっていたサークルさんなのですが、今回初めて作品を購入し試聴しました。
独特の世界観が、今までなかった感じで心地よかったです。
仄暗くてじめっとした空気感が終始漂うのですが、不思議と嫌な感じはなく、世界観に浸れました。

報告する ]

関連まとめ記事

この作品のまとめ記事を投稿しよう! 書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。