がるまに専売

奴隷の私を解放したのは不能かと思ったらセックス依存症の男でした

  • 奴隷の私を解放したのは不能かと思ったらセックス依存症の男でした [タコライス]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
奴隷の私を解放したのは不能かと思ったらセックス依存症の男でした [タコライス]
サークル名 タコライス
販売日 2024年02月11日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
420.82MB

作品内容

主人公のリップは身寄りもなく奴隷として暮らしていた。
ある日娼館に売られそうになっていたところを、貴族の男に解放してもらう。
彼の名はルークス。貴族階級でありながら嫡男ではない為、普段は薬学の研究に勤しむ変わり者だった。
ルークスは主人公たち奴隷を節税対策のために購入したので、好きに生きろと解放する。
解放された奴隷の多くは屋敷に留まり、そのまま使用人として雇用してもらっていた。

変わっているが、優しいところもあるルークスに主人公は少しずつ惹かれていく。

「せっかくならもっとルークス様のお役に立ちたいんだよね…」
ある日主人公は使用人仲間に相談する。
「じゃあルークス様のベッドに忍び込んでご奉仕でもしてくれば?」

気に入ってもらえれば寵愛を受けられるんじゃないかと言われ困惑する主人公。
ただ同じようにルークスのベッドに忍び込んだものは皆追い返されており、ルークスは不能なのではという噂も立っていた。

玉砕覚悟でルークスの寝室に訪れる主人公。
案の定追い返されそうになるが、ルークスは神妙な面持ちで語り始めた。

「私はいわゆる性行為依存症なんだ」

一度始めると三日三晩は精根尽きるまで続けてしまい相手を傷つけるのが怖いのだという。

「私は娼館に売られるところでしたし肉体精神共に頑丈なので多少のことでは壊れません」
そう言って自分を好きにしていいとルークスに迫る主人公。
その姿にルークスの目の色が変わったーーーー…



薬物(媚薬)使用◆連続絶頂、中出し、クリ責め、断面図等の描写がありますので苦手な方はご注意ください




総ページ61P(表紙、事務、他込)



進捗乗せています→https://twitter.com/ppppp2525pppp

登場人物

  • 奴隷の私を解放したのは不能かと思ったらセックス依存症の男でした [タコライス]

    リップ
    元奴隷でルークスに税金対策のため解放してもらった。
    肉体精神共に丈夫で明るい。

  • 奴隷の私を解放したのは不能かと思ったらセックス依存症の男でした [タコライス]

    ルークス
    無表情で目に生気がない。
    貴族階級だが嫡男ではないので、普段は薬学の研究に勤しんでいる。

サークル作品一覧

作品をもっと見る

発売予告作品
販売作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

最近チェックした作品