({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 【特装版】恥感調理部の裏指導~迫る兄弟の触手(5) [秋水社/MAHK]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
【特装版】恥感調理部の裏指導~迫る兄弟の触手(5) [秋水社/MAHK]
販売日 2018年09月21日
シリーズ名【特装版】恥感調理部の裏指導~迫る兄弟の触手
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数180
ジャンル
ファイル容量
82.91MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

伊織への気持ちが抑えきれなくなった小春。でも…その思いは口にできないまま。そんな中、推薦合格が決まった伊織とクリスマスデートすることに! 幸せいっぱいのデートだったが、噴水でずぶ濡れになってしまい急きょラブホテルへ。ぬるぬると泡を絡ませた大きな手で冷えた肌を触られると、いつも以上に敏感に反応してしまって…。 「お前の濡れたココが丸みえだ」イジワルな笑みを浮かべた伊織の熱い舌が羞恥に染まる小春を追いつめる。与えられる快楽でナカも外もとけていき…。優しい口づけをしたまま、ゴムをつけた伊織の大きなモノがついに小春の秘部に触れ――。


「恥感調理部の裏指導~迫る兄弟の触手(9) (BJ044219)」
「恥感調理部の裏指導~迫る兄弟の触手(10) (BJ050856)」
「恥感調理部の裏指導~迫る兄弟の触手(11) (BJ061833)」と内容の重複がございます。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。