({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 氷の王は人形の姫に愛を囁く 4話 [アマゾナイトノベルズ]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
氷の王は人形の姫に愛を囁く 4話 [アマゾナイトノベルズ]
販売日 2018年10月12日
シリーズ名氷の王は人形の姫に愛を囁く
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数70
ジャンル
ファイル容量
3.21MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「このためにそなたを今日まで生かしてきたのじゃ。失敗は許さぬ。ゆめゆめ忘れるでないぞ」

100年以上の長きに渡り戦をしてきた、バルトルート帝国とルヴァリエ王国の和平が遂に結ばれ、皇女クラウディアはアルフレッド王に嫁ぐこととなった。
華奢で儚げな風情で人々を魅了し「薔薇の妖精」と讃えられるほど美しい少女、クラウディア。
しかし彼女は皇女ではなく、皇女の身代わりとして密かに育てられてきた腹違いの妹――。

幼いころから抑圧され人形のようになった少女と「冴え光る氷の王」とあだ名される冷酷な王との恋と陰謀と再生のヒストリカル小説。

バルトルートの女帝の寝室では、何やら怪しげな動きが…。皇女クラウディアと王アルフレッドの想いをよそに、動き出す運命の歯車に目が離せない!

「小説家になろう」で人気の作家・清白妙が贈る
ハラハラドキドキが止まらない、純愛物語!
戦いの裏側で起こっている戦略がわかる『殲滅』を収録!『氷の王は人形の姫に愛を囁く』第4話登場!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。