({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年08月18日
シリーズ名こんなに硬いのに我慢出来るとでも?~絶倫エリート強制発情
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数56
ジャンル
ファイル容量
16.28MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

矢吹が発情する度に収める手伝いをする雛子だったが、ついに発情のキッカケが判明!?さらに彼からは「割り切った大人の関係にならないか?」と、とんでもない提案をされて――。彼への恋心に気付いたものの、友達でも恋人でもない曖昧な関係に悩む雛子。そんな中、矢吹と一緒に新任のドクターの歓迎会に参加したら、まだ2次会の途中だというのに彼の発情が始まってしまい―!?「しっかりシゴいてくれよ」2人きりで抜け出してホテルへ。彼の太い指とパンパンに膨張して硬くなったモノで、感じるトコロばかりをぐちゅぐちゅ擦られて…気持ち良すぎて快感が止まらない!!矢吹への気持ちを抑えられなくなった雛子は、彼と身体を繋げようとするが――。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?