({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年04月20日
シリーズ名君を抱くのは仕事だから【単行本版】
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数180
ジャンル
ファイル容量
42.39MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

【電子版限定おまけ付き】紙書籍とは別バージョンのおまけを収録!
【※この作品は話売り「君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家~」の単行本版第2巻です】


「…私ずっと自分の意志で、先生に抱かれてました――」

仕事の一つとして、
官能小説家の九鬼令苑(くきれおん)に抱かれていた助手の鈴(すず)は、
いつしか彼に想いを馳せるようになる。
一方の九鬼も、
鈴を仕事のために抱かれる道具(おもちゃ)のように扱うことができなくなり、
真の正体を伝える決意をする。

雇用関係を清算し、
とうとう、二人の心が試される時が来てしまう…!

「さっきのプレイは“仕事”だろ? プライベートはこれからだ」

また、とある出版パーティでは、
九鬼の過去を知る有名文芸作家の東雲哲(しののめてつ)が、
二人の前に現れる。
九鬼に興味があった東雲は、
いつしか鈴という特別な存在を知り、近づいていくが――…!?


電子書店のTL部門で殿堂入りの人気作の第2巻!
15pの描き下ろし漫画とイラスト付き!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「君を抱くのは仕事だから【単行本版】 2巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件