({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月12日
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数120
ジャンル
ファイル容量
77.25MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

顔に肉がついてきたみたい。
無理も無いか、34歳だもんね、私。
女が一番”女”見える年齢。
休日に男のスーツを着て楽しむのは、そろそろ限界かしらね…。
今日は亜美を連れてSMパーティーに出席する。
ぐずる亜美に言う。
「見てもらいたいんでしょ、他の人に。亜美の恥ずかしいアクセサリー」
私は亜美のソコを弄ってやる。
「あん、いやぁん。お姉様、ひっぱっちゃダメ…ェ。感じちゃう…っ…あっ…あん」
「うふふ、いやらしい子ね。あんたを触ってると私まで感じちゃうわ」
ところがフロントで初めて会った男に
「あんたに触りたい」と言われ、何故かトキメイてしまった。
そしてトイレで彼のモノを受け入れ、私の中の生身の女が燃え上がる。
男と女のその行為に慣れてきてる。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「男装の麗人、密室で後から激しく」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件