({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月03日
シリーズ名籠の鶏は夜に鳴く ~主人とメイドの秘密の時間~
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数19
ジャンル
ファイル容量
15.2MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「我が赤羽家のメイドになりませんこと?」

極貧生活を送る美容師見習い・日名子の目の前に現れた貴婦人・天子。
好条件に誘われるがままついていくと、そこは「鶏」を信仰対象としている「華禽村」。
一夫多妻制など、特殊な風習のある奇妙にも美しい閉鎖された世界に戸惑う日名子が任せられたのは、
住み込みで村のトップである当主・ケイの髪の手入れをすることだった。
長髪を輝かせる美しいケイ。ケイの尊い声を聞くことは、妻以外できないという。
その夜、部屋から艶めかしい声が聞こえてくる。
ケイの第一婦人である天子と…昼間には聞くことのできなかったケイの声。
「ちょっとだけ…」部屋を覗く日名子が目にしたのは――。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「籠の鶏は夜に鳴く ~主人とメイドの秘密の時間~ 4話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件