({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月23日
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数115
ジャンル
ファイル容量
53.71MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

いつから崩れ始めていたのだろう。
私はその微笑みだけで満足だったはずなのに。
公威と初めて会ったのは、その年の9月。
浩美の結婚式だった。
浩美は親の勧めで何度か見合いをした。
相手は彼女の家と「釣り合いの取れた」医者とか官庁とか――。
だが浩美はその度に私に愚痴をこぼした。
正直面食らった。
男が何かしてくれるなんて、たまのプレゼントみたいなものだと思っていたからそうなのだ。
浩美は今迄男達にそんな風に優しくされて、それが普通の状態だと思っているのだ。
でもそれも仕方が無いと思う。
だって浩美は女の目から見ても可愛いし守ってあげたくなるもの。
そんな浩美が選んだのは物産勤めの公威。
その日迄バランスは取れていた!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?