({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 背徳のエステ!? 女に蜜を吸われて!! [秋水社ORIGINAL]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
背徳のエステ!? 女に蜜を吸われて!! [秋水社ORIGINAL]
販売日 2017年12月17日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数124
ジャンル
ファイル容量
80.19MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

好き。好きよ、ドクター。誰よりも。

自らの指で開いたアソコをドクターの舌が舐める。
「…あっ」いつの間にか、私はドクターの顔の上に跨がり、大きく足を開いていた。
ドクターの両手が私のアソコを広げ、敏感な突起を舐め上げる。
「あんっ、くっ、うっ」思わず声が漏れる。
ドクターの愛撫は執拗だ。
アソコに指を挿入しながら、襞の1枚1枚を舌でなぞる。
私は絶えきれずに前に倒れるが、ドクターの舌は、アソコからは慣れない。
「はっはあっ、あっはあっ」私の下半身がビクビクと反応する。
「あっ…もう…っ」凄い!
「好きよ。好きよ、愛してる。来て。お願い、早く」
ドクターが冷静に言う。
「それでは、いよいよ最後のテストだ。ポーズを取って下さい。究極のラーゲのポーズを」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。