({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年11月07日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数90
ジャンル
ファイル容量
31.53MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

全裸でマ○グリ返し。大きく開いた足の間を男に舐めさせる私。
「あ…! いいわーっ、濡れちゃう」恥ずかしい言葉を平気で口にする。
「ふっ、お前って本当に淫らで可愛いな」アソコから顔をのぞかせた男が言う。
「今度は私がしてあげる」そう言うと私は男のモノを握り、くちゅっと音をさせて口にくわえる。
「ううっ!」中腰になった男のモノに吸い付くと男が快楽の声を上げる。
「くううっ!」私のテクニックに男が苦痛にも似た声を出す。
私は男の上に跨がり、猛りきったモノを自ら飲み込む。
激しく腰を動かす。
「素敵――! 体が溶けちゃいそう…」男がバックから挿入し責めて来る。
「あ…ん。ああ…う! あああ!」「はっ!!」私は自ら上げた声で目を覚ました。また、あの夢――。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?