({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 新妻、夫の友人と!? もっと奥まで!! [秋水社ORIGINAL]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
新妻、夫の友人と!? もっと奥まで!! [秋水社ORIGINAL]
販売日 2017年11月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数78
ジャンル
ファイル容量
30.69MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

夫の友人、ジョーは、由布子をホテルの最上階に連れて行くと、
眼下の光の街を見せながら、ドレスの胸をはだけ、
スカートをまくり上げて下着を破り取った。
そして片足を持ち上げると、窓ガラスに映った恥ずかしい姿を由布子に見させる。
「きゃ…」「ごらん。君はもう夢を見始めている」
ガラス窓の中で溢れ始めた蜜がべガスの灯に光っていた。
突然、由布子の体を支えていたジョーの力が緩む。
由布子のアソコがジョーの指を飲み込み、それだけで体を支える。
「あっ…うっ…」「もっと太いモノで支えて欲しいだろう?」
蜜が床に垂れる。夢ならさめないで。
「入れてえ!!」花をこじ開け押し込まれたのは私の知らない大きさのモノだった。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。