({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年10月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数68
ジャンル
ファイル容量
23.43MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「文彦さん」「詩織里、今夜は寝かせないぞ」「ああっ」
うれしい。夫が乳首を口に含んで舌で転がす。快感が走る。
「ん、ん…」「あ…だめだ。ごめん。やっぱり起きてられ…な…」「文彦さ…?」
これからって時に、夫が寝落ちしちゃった!?
ふう、今日もいたせずかあ。
このところずっと仕事が忙しくてHが二の次三の次になっちゃうのも仕方がないけど、
気持ちよさに目覚めちゃった私としては、ちょっと不満。
「文彦さんに開発されたのよ。責任取ってくれなきゃ。浮気しちゃうぞ」
なんてね。でも大事な人だからもっと触れられたい。
そんな時、中学の時の同級生が、なんと歌手になってテレビに出ていた。
懐かしさに会いにいったら、なんと彼は彼女のことをずっと思っていたと…!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?