({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年10月10日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数82
ジャンル
ファイル容量
25.03MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

左手の薬指に指輪をしたままの彼に抱かれる。
長く一緒にいられるのは土曜だけ。そんな関係に疲れて1年半で終わりにした。
2か月経った今でも脱け殻のような毎日が続いている。寂しいな…。
そんなある夜、道ばたに座り込んでいた男の子にぶつかってしまう。
何この人。汚いけどめちゃくちゃ若くてカッコいい。
「あ、あの、良かったらウチで手当を」
そして気がついたら、私は裸の彼の上に跨がり、ベッドがギシギシ言う程、腰を使っていた。
クチュクチュと出入りする彼の逞しいモノ。
私どうかしてる。いくら寂しいからって知らない男の人を家に連れ込んで、
こんなことして、いつもより燃えちゃって。
彼がラストスパートに入る。
「あっはっああっ」体が、心が暖まっていく。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?