({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年06月25日
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数68
ジャンル
ファイル容量
31.41MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「その人のことを考えると足の間が熱くなる気がして…」

幸せな学園生活を送る私には不安があった。
それは古文教師の藍澤先生。
貞淑な女子高の懺悔室で私は告白をした。
告白をきいていたのはなんと藍澤先生。
懺悔室での告白は秘密のはずなのに、楽にしてあげると彼は股間を触りだした。
割れ目を擦ると気持いいとか、舐められるととてつもない快感がくるだとか、
これが男女の姦淫行為だと先生は教えてくれた。
もっと教えてほしいならまた訪ねてくるようにという先生。
はずかしいと思うし、いってはいけないと思いながら私はまた彼を訪ねた。
先生は私を縛り上げて純潔を奪う…。
男女の間にこんなに罪深い遊びがあったなんて…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?