({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年04月26日
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数29
ジャンル
ファイル容量
12.6MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

倫香はヴァージンなんだけど、ナゼか男の子の勃起したお○ん○んを見たこともあるし、さわったこともある。
それはその昔、幼なじみのヒロ子ちゃんが言った
「お○ん○んってさわると立つんだって」の一言がきっかけで、
もう一人の幼なじみ・裕翔にいたずらをしたからだった。
神秘的に見えた裕翔の勃起したお○ん○ん…。
その後裕翔から無視され続けていたけれど、ある日訪れた裕翔の家で
「ひとりえっちをして、あの時のことを俺に償え」
と黒い微笑を浮かべながら裕翔は倫香に詰め寄ったのだ!
そんなこと恥ずかしい…。そう思いながら、震える手でブラウスのボタンを外して
ブラをズラせば、裕翔の目にピンクの乳首がさらされる。
もう片方の手でスカートをたくし上げると、下着に手を入れて誰にも触れられたことのない部分を自分でいじる。
裕翔に「足、もっと開けよ」なんて言われて
「やらしいな、パンツもう濡れてんじゃん」と煽られて、
倫香は何かヘンな気持ちになってきて…

禁断のイタズラ、処女のつぐないの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「禁断のイタズラ、処女のつぐない」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件