({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 秘書のヒメゴト。~とろ濡れ恋人契約~ 3巻 [黒ひめコミック]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
秘書のヒメゴト。~とろ濡れ恋人契約~ 3巻 [黒ひめコミック]
販売日 2016年09月12日
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数30
ジャンル
ファイル容量
16.82MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「聞こえるようにはっきりと言え。指と舌、どっちでされるのが気持ちいいんだ?」

OL春花(はるか)の勤める営業所に、いきなり廃止の通達が出された。
冷たく立ち去る若社長・志藤(しどう)を追いかけた春花は、
そこでひょんなことから誰も知らない社長の秘密を知ってしまう。
「葉山春花さん、あなたにしかできない特別な《仕事》があるのです」
――そう持ちかけられたのは、1か月間の《社長秘書》兼《恋人》契約。
無事に目標が達成できたら営業所が助かると言われ、とまどいながらも決心を固めた春花だったが…

「恋人なら、こういうことも当たり前だろう?」
じかに胸を弄ばれ、ピンと色づく先端をしゃぶられながら、優しい指がトロトロの奥まで……
「こんなの、恥ずかしすぎるのに…っ!」
私を甘く強く支配する、彼の瞳……
他のヒトとは口もきかない貴方が、どうして私だけにこんなことをするの…?

関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。