({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
({{ product.review_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年08月20日
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数92
ジャンル
ファイル容量
18.19MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

いつのことかもわからぬ昔。
中原の大地には幾つもの国が乱立し、互いに覇を競っていたという。
そしてこれは、そんな世に永く栄えた国が滅んだ時のいわく美姫のものがたり――。
夏国の帝は、「世継ぎを作ることが仕事」と皇后に毎日責められ、不能気味になっていた。
帝の妹、美(メイ)姫も、直系の子孫を残すため、男たちに抱かれていた。
「そう、これは血を絶やさぬ為の退屈な儀式。母の言いつけを守り、毎日、相伊手もいない男達と交わる」
肉体はどんなに快楽を与えられても、心は渇いていくだけ。
「ああ、私の心を熱く満たしてくれるような男に巡りあいたい。そして生きていると感じたい!」
そんな中、皇太后は先帝の血を引く男と淫らな交わりに耽っていた。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?