({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • 【素敵なロマンスコミック】ほっかポッカ牧歌 第3巻 [秋水社ORIGINAL]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
【素敵なロマンスコミック】ほっかポッカ牧歌 第3巻 [秋水社ORIGINAL]
販売日 2016年07月04日
シリーズ名ほっかポッカ牧歌
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数87
ジャンル
ファイル容量
23.24MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

万知とレオは神社で夫婦の木と呼ばれている木を見ていた。
「2本の木の幹と幹が繋がっていて手を結んでいるようです。
それで縁起をかついで、このご神木は夫婦の木と村の人達から呼ばれているそうです」
レオの言葉になるほどとうなずく万知は、ご神木にお祈りした。
レオと私と赤ちゃんと、この村で幸せな家庭を築けますようにと。
「この神社でこの木の下で結婚式を挙げられたらいいですね。日本の神様に僕達の愛を誓うのです」
「つくづくレオって変な外人ね。日本人より日本人くさいの。
私は結婚式なんて挙げなくてもいいわ。充分幸せだもの。それにお金がかかるし」
早くも木馬を作るレオや、自宅出産をかんがえる万知。
そこに怒った両親が訪ねて来て…!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン