({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • 山口組六代目襲名 司忍2巻 [笠倉出版社]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
山口組六代目襲名 司忍2巻 [笠倉出版社]
販売日 2015年11月20日
シリーズ名山口組六代目襲名 司忍
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数74
ジャンル
ファイル容量
52.05MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

長きにわたって続いた名古屋任侠界の抗争。
それを沈静化し、山口組の中京進出を阻止するために地元組織は団結する。
しかし彼らは、山口組四代目・竹中正久から盃を受けた司忍が率いる弘道会の、
力による制圧にはなす術がなかった。
そして弘道会は、山一抗争においても獅子奮迅の活躍を見せる。
義理を重んじ、一和会を選ばざるを得なかった親分、弘田武志・弘田組組長は、
若き侠傑、司忍に道を譲った。
弘田親分の意志を受け継ぎ、弘道会を結成した司は、一和会に対する容赦ない攻勢を認められ、
山口組五代目若頭を経て、六代目親分の座に就く。
しかしその頃、社会では任侠界に対する逆風が吹き荒れていた。
司六代目も、就任間もなく社会不在を余儀なくされる。
しかしその意志は高山清司若頭が受け継ぎ、山口組は新しい時代を生き抜く。
そして、出所した司六代目は平和外交を展開、
組織の粛正と新機軸を次々打ち出し、最強最大の組織を盤石のものとしていった。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン