({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • 淫落の聖女エルヴィーネ【最終話】 [楽楽出版]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
淫落の聖女エルヴィーネ【最終話】 [楽楽出版]
販売日 2018年04月13日
シリーズ名淫落の聖女エルヴィーネ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数27
ジャンル
ファイル容量
16.48MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

魔界からの災厄より人々を守るために魔界と人界を遮る結界。
結界は聖女と呼ばれる3人の女性によって保ち続けられていた。
『炎の聖女』『水の聖女』そして『光の聖女』と呼ばれる彼女らによって──。

しかし3人の聖女――アーデルハイド、コルネリア、エルヴィーネは
魔道具の力により従者たちの性奴隷へと貶められていた。

唯一魔道具の暗示から抜け出したエルヴィーネだったが、
アーデルハイドとコルネリアを助けるために暗示にかかったフリをしていた。

エルヴィーネの従者オーロフは『秘儀』のために助力が必要だと
男性信者を多く集め『聖域』へと案内する。

そこで男性信者達が見たものは、
「Sau(メス豚)」というプレートを首から下げた
裸の聖女達だった────。

『秘儀』とは何なのか。エルヴィーネの行く先は!?
エロティックファンタジーの巨匠・たいらはじめが描く魅惑のシリーズ、とうとうクライマックス!!


「マガジンサイベリア Vol.109(BJ144672)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン