({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
}
  • はじまりは夫に内緒で始めたJKリフレのバイトでした…2巻 [侍侍]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
はじまりは夫に内緒で始めたJKリフレのバイトでした…2巻 [侍侍]
販売日 2018年03月29日
シリーズ名はじまりは夫に内緒で始めたJKリフレのバイトでした…
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数29
ジャンル
ファイル容量
11.9MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「や…っ やだ…抜いてぇ…っ」
JKの制服を着せられて、隣家の男に奥まで突き上げられる人妻のカラダ…。

――ひっ迫した家計の為、年齢を誤魔化して夫に内緒でJKリフレで働き始めた人妻の杏子。
そんな杏子を指名したのは、隣家の男、鷹野だった。
「旦那さん…公務員なんでしょ? 奥さんがJKの恰好でこんな店で働いてる事がバレたら…」
と口止めに杏子の身体を要求する鷹野に、杏子は「今夜限りなら」と自らのカラダを差し出す。
ワイシャツを強引に引きちぎり、豊満な胸を揉みしだきながら杏子のアソコを弄ぶ鷹野。
指でヌルヌルになるまで掻き混ぜられ、徐々に感じ始めながらも、
周囲にバレないように声を殺して耐える杏子だが、そのままいきり勃ったチンコを奥まで捻じ込まれ、
時間いっぱい犯されてしまう。
翌朝、愛する夫を見送る杏子の背後に、昨夜の痴態を録画したスマホを持つ鷹野の姿が…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。

開催中の企画・キャンペーン