({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

あかりほど家族思いの少女はいなかった。
恋人の前でカッコつけたかった、軽薄な兄貴が起こした暴力事件。
兄の将来と家族の平和を守るため、被害者の横暴極まる肉体的要求にも耐え忍ぶけなげなあかり。
「私さえ耐えれば再び一家に平穏が訪れる!」
彼女の考えは甘過ぎた。兄貴が殴りまくった男とは、
オイスターワールドの悪の守護神・高須様の実の弟だったのだ!!(ゾゾゾゾ−)
この一家の終わり方を知りたくない人はあっち行きな。

鬼畜・陵辱専門誌「コミックMate」「コミックMate L」で連載された『屠場の団欒』シリーズ全10話掲載。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「家畜乃団欒」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ひとつの平和な家庭の終わり

2018年02月10日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×0人

理不尽な暴力に一方的に踏みにじられ壊れていく家族たちをヒロインである娘を中心に描かれており
その圧倒的な暴力の連続にただただ圧倒される
最後まで一切の救いのないストーリーはオイスター節とでも呼ぶべき無明の闇がそこにあった
やはりオイスター先生の作品は他の凡百の鬼畜作家のそれとは隔絶した凄みがある
心臓の弱い方は閲覧注意です
無力な弱者が一方的に屠られるストーリーが頭を離れない
この作品は買って良かったではない
俺はこの作品をこそ買うべきだった
読み終わってそう思う

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

圧巻

2017年02月03日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×1人

ごく普通の家庭、それよりも幸せだった家族におとずれた地獄の一冊です。
キャンペーン中だったので購入させて頂きましたが、作者さんの作品でハッピーエンドはないとわかっていましたが、凄いです。
最後まで圧倒されっぱなしでした!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ある意味原点回帰的な作品

2016年11月08日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

ホラー寄りの作品が充実してきたオイスター先生でしたが、ここにきて、原点的なド直球の嵐のような性と暴力が吹き荒れる作品に相成りました。高須様も再登場。悪の守護神と言われるだけあって、いちいちやることが凶悪です。発端となった兄貴の行為もこの人らが相手じゃなければハッピーエンドフラグなんですが。相手が悪い。
 Hシーンの一つ一つが一切容赦ない、全力の陵辱で、始まりから終わりまで、目が離せません…!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]