PCソフト > KOGADO > Sequence Palladium

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
メーカー名 KOGADOフォローする
販売日 2012年03月16日
年齢指定
全年齢
作品形式
シミュレーション / シナリオシミュレーションゲーム
その他
ジャンル

作品内容

シークエンス・パラディウムは、高度な魔法物理学に彩られたファンタジー世界を舞台とした、
戦術級シナリオ シミュレーションです。

プレイヤーは戦術部分において【ウィザード】と呼ばれる巨像騎士と魔法を駆使して戦術を成功に導きます。
また、育成部分において【パラスイート】の育成を采配して、難度の高いシナリオに備えます。

パラスイートと騎士の【契約】によって【ペア】が誕生し、
ペアがウィザードに乗機することでユニットの能力が決定します。
プレイヤーは、最終的に騎士20人、精霊16人からなる部隊メンバーから、ペアの構想を練りつつ、
その特性にあわせて乗機や装備や魔法を選択して、戦闘を切り抜けていくことになります。

その中では、ペアの短所を【育成】によって補い、長所を伸ばし、
騎士と精霊を新たに部隊に迎え入れて【契約/破棄】をうまくこなしていくという
【人員編成】も重要といえます。

「的確な戦術指導と、自由度の高い人員育成/運用」が
シークエンス・パラディウムの基本的なゲーム形態です。

■ストーリー
【舞台となる世界】
億年もの歴史を重ねる、竜と獣と魔法の世界バニシオン。

長大な歴史の中で、様々な種族が幾度となく世界に覇を唱えては消えるように、
支配者の興亡と交代が続いてきた。
戦乱の世の常で、異種族との戦いで滅ぶものもあれば、
支配力を維持できないことで自ら滅んでいくものもあった。
しかしそうした中で、常軌を逸脱し、惑星規模での弊害を及ぼすほどの影響力を持つに至るものが、
希に現れることがある。

「他勢力を蹂躪し、その支配者が自滅に至るまでに、
  自然界に致命的な打撃を与えうる危険性のある生命を、事前に淘汰する」

これがバニシオン自然界における普遍の鉄則であり、その神罰は
『神聖鉄槌戦争(神槌)』と呼ばれ、畏れられている。
神槌を行使するものが何者であるのか、それは人知の及ぶところではなかったが………

神竜属、巨人属、不死属、エルフ属、恐竜属といった主だった種族は、
過去にそれぞれが神槌の猛威の前に屈し、
節度ある自然界の住人として、滅亡することなく生き延びてきた。
そして今再び、新たに世界に覇を唱えるべく勢力を拡大しつつあった人類が、
神の裁断を仰ぐ時がきた………

【人類への神聖鉄槌戦争】
人類に対する最初の神槌は、極めて高度な魔術が多くの生命を滅亡にまで追いやり、
危険な意思やゆがんだ欲望が、自然の摂理をも侵しつつあった新暦1000年代初頭のことである。

この時、人類が勢力を拡大していた八大陸のうち、三つの大陸で人類滅亡劇が演じられ、
残る大陸でも著しい人類勢力の衰退が実現した。

しかし、飽くなき欲望の化身であり、無から有を創造することに長けた人類は、
その後二千年に満たないわずかな時間で、再び支配者の階梯に詰め寄ったのである。

自然界に混棲する大型肉食竜や巨人族、魔獣がいかに固体戦闘力に優れようと、
人類の暴挙を留めるには至らなかった………。

それは、人類という種が、巧緻を極める頭脳と機知に富んだ生態を活かし、
脅威には密集してこれを克服してきたがゆえであり、
大型上位種が、統率や群棲という手段と方法を持たず、
また神槌を畏れた遺伝子が、これを拒んだがゆえであろう。

だが、それも短く儚い支配であったのかもしれない。

再び神槌を担う大型肉食種には、強大な統率者達が控え、満を持して人類を淘汰する構えなのだから………

【主人公達の旅立ち】
二度目の神槌を受けて、リオジェンデ大陸の国々は滅んだ。
大陸の滅亡から必死に逃げ延びようとした五千人の移民は、海と山脈を越え、
人類最後の大陸ディクトリアの辺境に理想郷を求めた。

………その名はファンラント。

十六年という短い平和の間に、自然と共棲することを理想に掲げて、
主人公達は、ひっそりと穏やかな暮らしを築く。

移民時に率いたウィザードとパラスイートを自然界に還し、大地に根づく地道ながらも充実した日々が続いた。

しかし、最後の神槌は容赦なくディクトリア帝国に振り下ろされた。
ディクトリア大陸で人類が敗北すれば、ファンラントもまた怪物たちの猛威に晒され、
やはり死滅はまぬがれないだろう。

帝国外戦力として評価の高い主人公達は、帝国外交大使の援護要請を受ける。

平和と安らぎを求めた理想郷が、混迷と恐怖の狭間に置かれて、騎士達は決断に迫られる。
理想郷のため、滅び行く人類のため、守るべき人々と自然界のために、
埋めた剣に再び手を添えて、振り上げる時がきた………

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006687
ファイル名/ファイル容量
VJ006687.zip / 686.86MB (720226423Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上
メモリ
256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 5.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Sequence Palladium」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件