PCソフト > システムソフトアルファー > 現代大戦略2004~日中国境紛争勃発!~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年02月12日
年齢指定
全年齢
作品形式
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

1989年6月4日の天安門事件で、当時の中国政府は、民主化を求めた学生デモ隊を武力で鎮圧した。
その後、表立って政府に抗議することができなくなった民衆の鬱憤をそらすために、
中国政府は「愛国教育」と称する反日教育を推進することで、その矛先を国外にかわそうとしてきたのである。
それが今日の尖閣諸島(魚釣島)の領有問題であったり、2004年アジアカップ・サッカーでのブーイング問題の根源となっている。
いっぽう、拉致事件を公に認めたにもかかわらず、いっこうに進展のない北朝鮮問題は、
金総書記が動かない限り何も進まないという特殊な国家体制が元凶となっている。
もはや北朝鮮は崩壊寸前のところまで来ており、一触即発、何が起こってもおかしくない危機的状態に陥っているのである。
シリーズ4作目となる2004年度版は、世界を取り巻く情勢を忠実に再現し、
最悪のシチュエーションを想定した衝撃のシナリオで構成されている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004400
ファイル名/ファイル容量
VJ004400.zip / 341MB (357559909Byte)
CPU
PentiumII 400MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
128MB / 256MB以上
HDD
1GB以上
必要解像度
1024*768 ハイカラー以上
DirectX
DirectX 9.0 以上

現代大戦略2004~日中国境紛争勃発!~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「現代大戦略2004~日中国境紛争勃発!~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件