PCソフト > KOGADO > パレドゥレーヌ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

【女性向け作品】

◆◇◆ストーリー◆◇◆
『パレドゥレーヌ』は、あなたが一国の王女となるシミュレーションゲームです。
舞台はターブルロンド王国、あなたの父である国王が亡くなるところから物語は始まります。
王家に残されたのは、寄る辺無き若い王女、あなた一人。
やむを得ず、あなたが王位を継ぐことになったのですが、それを良しとしない宰相が、
王の承認を拒否。それどころか、『王女を妻とし、私が王となる』と宣言します。
心良き騎士たちの助けでその場は収まり、王の承認は、一年後にやり直すことになりましたが、
あなたは一年後のその日までに、有力騎士たちから信任を得なければいけません。
さもなくば王位は宰相に奪われ……。
それは、毛皮と宝石で守られた、あたたかな子供時代の終わり……。
一人の淑女として、世界に立ち向かわなければならない日々が、始まります。

◆◇◆キャラクター◆◇◆
■フィーリア
主人公。15歳。
獅子王の血筋の直系として敬われる、ターブルロンド王家の姫。
兄と父を相次いで失い、唯一残った王族として、王位を継ぐ資格の証明を余儀なくされた。

■アストラッド(CV:岡本寛志)
7人の騎士の一人。15歳。178cm。
主人公の幼馴染で、宰相ディクトールの下で育った活発な少年。
騎士ヴァルターの弟子。

■ディトリッシュ(CV:岸尾だいすけ)
7人の騎士の一人。20歳。188cm。
黒衣の騎士。無表情で淡々と任務をこなす。
闇に属する者という噂が囁かれている。

■ヴァルター(CV:羽多野渉)
7人の騎士の一人。28歳。185cm。
先王の親衛騎士を勤めた、王国髄一の騎士。
堅実で、主の体裁を重んじ、部下に細やかに気を配る。

■エヴァンジル(CV:子安武人)
7人の騎士の一人。21歳。181cm。
すでに途絶えた名門の血を窺わせる、優雅な物腰の美男子。
知識と話術に長ける。

■エリオット(CV:稲村優奈)
7人の騎士の一人。13歳。154cm。
幼いながら優れた槍の使い手。
血筋の優劣に関係なく、朗らかな性格で他者と接する。

■イリヤ(CV:谷山紀章)
7人の騎士の一人。16歳。175cm。
異国から亡命してきた王子。
周囲の者を警戒しており、一部の例外を除いて心を許そうとしない。

■ヴァン(CV:岡崎雅紘)
7人の騎士の一人。19歳。192cm。
主人公の兄王子に忠誠を捧げ、失踪した彼の無事を願っている。
武器を使うより肉弾戦を得意とする。

■黒貴族(CV:諏訪部順一)
ターブルロンド地方における人外の種族を統べる闇の王。
年齢不詳の美貌の吸血鬼。
封印と復活を繰り返す。本名は忌まれ、黒貴族と呼ばれる。

■ウィーギンティ(CV:内野一)
ターブルロンド国における、『協会』の責任者。
常に仮面で素顔を隠し、その表情や行動理由が人に明かされることはない。
この王位争奪に関しては、一領主として参加している。

■オーロフ
闇の者達の純血な一員。
早い段階で人間社会に溶け込んだ一族で、彼の親の代で騎士叙勲を受けている。
口は悪いが、騎士や人間への憧れの裏返しでもある。

■ヌシャトー
もとは異国の勇敢な戦士。数年前にその実力を見込まれ、騎士として招かれた。
自分に厳しく、他人に媚びない男。
この国の言葉が上手ではないため、普段はほとんど発言しない。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004051
ファイル名/ファイル容量
VJ004051.zip / 822.42MB (862368845Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1GHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー

パレドゥレーヌの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「パレドゥレーヌ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女王様/お姫様(3) 主従(2) シリアス(2) ファンタジー(2)

おすすめ!みんなで淑女になりましょう?

2016年09月07日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

恋愛の糖度は低め、簡単にカテゴライズできるような単純なキャラクターもおらず、キャラクターそれぞれに信念がある。
プリンセスだからといってちやほやされず、使えるべき主として足りる人物か値踏みされる。
今の乙女ゲームに飽きてしまった、という方にこそぜひおすすめしたい。
他社製品ですが、ネオ○マンスや、フリーゲームのか○かてがお好きな方は、はまると思います。
もう10年ほど前の作品ですが、今でも十分、いや今だからこそ携帯機に移植されればヒットすると思うのに……
ちなみに、こちらの作品をお楽しみのあとには、前日譚にあたるノベルスもご一緒に味読なさるとよいかと。
新展開を待ち続けています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!はまりました!!

2014年02月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

メインの騎士たち+領主数人のエンディングをクリアしましたが、個人的にはとても楽しめました!
エンディングを迎えることのできるキャラが多く、みな魅力的です。
イベントも豊富です。一人ひとりのイベントはそれほど多くなくても、同時攻略ができるので、できるだけ多くのキャラと仲良くなろうとすると48ターンが少なく感じる程でした。
限られたイベントの中でも、どんな人物なのかがしっかり描写されており、「こいつだけは無いな、女性向けとしてどうなの?」と思っていた人(笑)でもイベントを進めるにつれて好きになっていきました。
何より横の繋がりが良かったです。キャラ同士の関係など、豊富な登場人物ならではの楽しみがありました。

恋愛面は、祖父のような年齢の人たちなどいろいろなキャラがいるので、すべてが恋愛エンディングではありませんが、メインの騎士たちは結構糖度が高いと思いました。
乙女ゲームではないということで恋愛面は殆ど期待していなかったので、嬉しい誤算でした。

戦略シミュレーションは、慣れてない人は通常モードでも難しいかもしれませんが、おまかせモードにできます。
私は戦略シミュレーションは初めてだったのですが、あるイベントが起こり難しくなるまでは、自力で進めました。
贈り物をしたり自ら訪問したり金銭援助をしたり配下の騎士に工作させたり…中々なびいてくれなかった敵側領主が遂に自分の支持にまわってくれたりすると、とても嬉しかったです!

他にも着せ替えや自分の部屋のコーディネートなど、かなりやり込むことができます。
1周ではとても遊び切れませんが、キャラの多さから周回が全く苦になりません。

詳しいことは工画堂のHPの方に書かれています。
ベタ甘の乙女ゲームがプレイしたい人にはお勧めしませんが、「ジャンル:恋愛」より「恋愛要素もあり」の方が好きな方にはお勧めできると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!作業しないSLG

2011年06月16日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

だからって、女性向けかというとさにあらず。
 雰囲気が楽しめるかどうかという点においては他の工画堂作品と変わらないですよね。
 だが、それもいい。

 ところで、ファーストプレイで、ずいぶん腹黒い王女になってしまった気がしたが、うん、まあいいや。
 さりげなく、幼なじみを暗殺したような気もしたが。

 うん。まあ。
 映画の「エリザベス」とかの雰囲気に抱かれてみたい人向けかな。

 しかし、ディトリッシュよ。どっちがマスターなんだかわからないじゃないかと。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]