DLsite独占

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

禁忌とされる黒魔術使いの主人公。
自身の魔力強化のため、魔導ヒロイン達を吸精調教!!
調教によりヒロイン達は、淫乱悪堕ち!

★同梱特典★
購入特典として3キャラ全員の『添い寝ボイスドラマ』が同梱!

ストーリー

――学園トップの美しく強い魔導ヒロインを貴方だけが調教!淫乱悪堕ちさせて、目指すは魔法界の支配!?――

日本の魔法界最高学府、バベル魔法学院に通う主人公、景吉 治樹(姓名変更可)は、
代々続く黒魔術師の家系に生まれ、受け継がれた才能として、相手から精力や魔力を吸収できる。
さらに、まだ基本的なレベルではあるが悪魔由来の魔法を使うことができる。

バベルに通う目的は、表向きは自身の魔力を強化し禁忌とされた黒魔術の復活だが
主人公自身は、女性から精力、魔力を吸収するときのなんとも言えない快感と、
吸った相手が淫らになることがクセになっており、
より強い魔力を持った相手から精気を吸い取りたいという強い欲望に突き動かされている面が大きい。

『最強クラスの魔力を吸ったらどうなっちまうんだ』

学院トップクラスの美貌と魔力を持つ幼馴染みの赤薙 奈桜、風紀委員長の蒼月 玲華、
理事長の娘であり生徒会長の黄道寺 天音(きどうじ あまね)をターゲットとして、彼は行動を開始する。

セールスポイント

それぞれに個性ある魔導ヒロインたちの肉体をあなたが独占!
存分に味わってください。
ヒロインたちが悪堕ちした後の姿も必見です。

●湯気効果と吐息効果、さらに追撃射精で、より熱いSEX!!
激しいSEXによる温度上昇を視覚で表現。
匂い立つようなぬくもりを感じることが出来ます。
新たに吐息アニメーションも導入!
ヒロインたちの興奮する息づかいを感じてください。

●射精シーンをループさせることのできるヌキヌキループシステムを導入!
ループONの場合は射精シーンがループし、満足するまで存分に堪能可能!

●立ち絵閲覧
立ちキャラを頭から足先まで見ることができます。

登場キャラクター

魔装処女 ~絶対支配のカルナバル~ [CROSSOVER]

【火の加護を抱える美脚ギャル】
●赤薙 奈桜 (CV:今谷皆美)
主人公のクラスメイトで幼馴染み。
運動神経が良く、姉御肌で困っている人がいれば口では色々と言いながらも手助けをするお人好しタイプ。
そんな性格のためか友人が非常に多く、本人も人見知りも物怖じもしないので、 初対面の相手とでもすぐに打ち解けられるコミュニケーション力の塊。
魔法に関しては、実技は抜群の成績だが理論は苦手。
バベル非公認ランキングでは三位にランクされている。
幼い頃からの友達である主人公を憎からず思ってはいるものの、恋愛感情になるほどの決定的な部分が無かったが、その性格などを利用され主人公に犯されてしまう。

魔装処女 ~絶対支配のカルナバル~ [CROSSOVER]

【腹黒毒舌優等生な氷の風紀委員長】
●蒼月 玲華 (CV:御苑生メイ)
バベルの風紀委員長。
魔法という強い力を持った生徒たちに規律を守らせるために、必要に応じて実力行使も辞さないことで知られ、その実力は折り紙つき。
普段は穏やかでにこやかに振る舞っているが、本性は誰よりも上昇志向が高く、他人は利用できるか叩き潰す相手かという目でしか見ていない。
個人的に、陰陽術と魔法のハイブリッドで最強を目指しているが バベル非公認ランキングは二位。
一位で生徒会長の天音には、家柄の問題もあって憎悪まで抱いている。
そして、魔法の威力では三位の奈桜に劣っており、総合力で上回っているという評価を受けていて、それが不満で奈桜を敵視している。

魔装処女 ~絶対支配のカルナバル~ [CROSSOVER]

【完璧淑女の生徒会長】
●黄道寺 天音 (CV:倉下みすじ)
バベルの生徒会長で非公認ランキングは不動の一位。
真面目で責任感が強く、困っている生徒には親身になって手助けをするため、人望も厚い。
とはいえ真面目一辺倒というわけではなく、悪戯好きだったりとユーモアな一面もあり、そんなところもまた彼女の人望を高める要因になっている。
名家の一粒種であり、理事長の娘という立場もあってか、芝居がかったような男口調で喋る癖があり、そのために浮世離れした印象を与える。
実際、時折一般常識がポッカリと欠落していたりもして、その辺りは箱入りのお嬢様といったところ。
主人公の正体を知り、他の生徒たちに害をなす前に何とかしなければと思い、主人公の封印するために接触してくる。
黄道寺家は現在の魔法界の中枢を担っており、バベルも黄道寺家が設立したことで知られている。

魔装処女 ~絶対支配のカルナバル~ [CROSSOVER]

【主人公】
●景吉 治樹(※姓名変更可能)
バベル魔法学院に通う男子生徒。
代々続く黒魔術師の家系に生まれ、受け継がれた才能として、相手から精力や魔力を吸収できる。
エリート揃いのバベルでの主人公の成績は一般科目はトップクラスであるが、魔法実技では誰にも勝てず落第寸前で、 バベルでは魔法実技が重要視されるため、周りからは落ちこぼれ扱いを受けている。
(バベルでの魔法実技では魔力自体は強い方だが、黒魔術を使用することはできない為、習い覚えた白魔術を使うことで魔力を上手く発揮できない)
奈桜とは家も近く、幼い頃から見知っている幼馴染みで、多少は女性として意識していた部分もあった。

作品情報/動作環境

ファイル容量
757.07MB
CPU
Pentium4 1.6GHz以上 / Pentium4 2.4GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号1701774D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「魔装処女 ~絶対支配のカルナバル~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

悪堕ち(3)
お手軽な悪墜ちもの

2018年04月02日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

お手軽なため十全に楽しみたいのなら、体験版すらするのも推奨できない作品
声優、キャラデザのどれかに琴線が触れたのなら買って損はしないし、
手軽ながらも実用性充分な内容となっている。
添い寝ボイスドラマもぜひ聞いてみることをおすすめする

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

パパッとお手軽悪堕ちファンタジー

2018年01月10日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

悪堕ちが主体の作品ですので悪堕ちについてレビューいたします。
非常に分かりやすい王道的な悪堕ちを演じてくれます。悪堕ちすると性格や嗜好の反転によりギャップを感じ、上質な快感を生み出してくれることは間違いなし。悪堕ち前後の周囲の反応が見られるのもGood、悪堕ち後のコスチュームや表情差分がPerfectですね。

安価なためストーリーの短さや展開の少なさには目をつむりましょう。悪堕ちをパパッと体験して添い寝CDで一晩楽しむにはうってつけ。価格もお手頃ですし気になったら・悪堕ちが好きなら即購入で良いでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

特典も聞くべき

2017年12月27日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

個人的に、特典で付いてきた添い寝音声がささりました。というのもこのトラック、悪堕ちした状態のヒロインとの音声になっているんです。本編で少し物足りなく感じていたので、ヒロインとのアフターを楽しんでいるような気分になり、興奮しました。
添い寝とは名ばかりのガッツリしたエロシーンだったことには少々驚きましたが、非常によかったです。

欲を言えば、本編、特典ともにハーレムプレイを入れてほしかったところですが、それは贅沢でしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

期待してました

2017年12月27日  

このレビューは参考になった×1人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]