DLsite独占

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 ZIONフォローする
販売日 2017年05月12日
シリーズ名魔法少女ミハル
シナリオ ハインライン座尾
イラスト ちくび / 草郎
声優 米倉沙弥 / 西川高音
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「PlayDRM型」の作品です。 ご購入前に必ず [ PlayDRMについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。
  • この作品は「ブランニューストア」作品です。 ブランニューストアとは「独占販売」「完全新作」「低価格」のシリーズ作品を扱う、新しい商業作品販売フロアです。
    ほかのブランニューストア作品をお求めの方はこちらから。[ ブランニューストア ]
魔法少女ミハル 特集ページ

作品内容

ミハルは魔法少女育成学校に通う新入生。
魔法の武具に選ばれ、魔法少女として覚醒することを夢見て日々訓練に励んでいた。
とはいえ、学園は平和そのもの。
魔物にとって魔法少女が「特別孕ませたい欲望の対象」と言われてもピンとこない。
ところがある日、強力な魔物が学校に現れ、魔法少女が凌辱され、拉致されてしまう。
遺された魔法の剣が次の主に選んだのはミハルだった。
魔法少女になったミハルは、先輩の魔法少女・吹雪と共に魔物を倒すと決意。
しかし、魔物はどんどん強くなり、雄の本能そのものを2人にぶつけてくる。
二人の運命はいかに。

第4章 水棲生物苗床編

水辺は広く、魔物の襲撃は激化していく。
穏やかな水辺で魔物と化した小魚や鋭い爪を持ったヤドカリがあらわれる。

登場キャラクター

魔法少女ミハル 第4章 水棲生物苗床編 [ZION]

【新人の魔法少女。剣の使い手】
●ミハル(本名:七瀬 みはる)
CV:米倉沙弥

明るく可愛い普通の女の子。
くすぐったがりで特に耳が弱い。
こわがりだが心の奥には熱いものがあり、正義感が強い。
趣味は猫カフェめぐり。
コイバナが苦手。
性知識に乏しい。

「魔法少女になるためにがんばる!」

魔法少女ミハル 第4章 水棲生物苗床編 [ZION]

【ベテランの魔法少女。二丁拳銃の使い手】
●フブキ(本名:久我 吹雪)
CV:西川高音

母性あふれるグラマーな女の子。
面倒見がよく、温和でやさしい。
ミハルの先輩に当たる魔法少女。
理事長からも後輩からも絶大な信頼を得ている。
趣味は料理全般。
性知識は魔法少女が故に豊富。

「よくがんばったね。もう大丈夫だからね」

 

 

作品情報/動作環境

ファイル容量
856.7MB
CPU
Pentium4 2.0GHz以上 / Core 2 Duo以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上 (DirectX 9.0に完全対応したピクセルシェーダ2.0 に対応しているビデオカード)
必要解像度
1024*768 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号1700589D)

魔法少女ミハル 第4章 水棲生物苗床編の関連作品

魔法少女ミハル 第4章 水棲生物苗床編の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「魔法少女ミハル 第4章 水棲生物苗床編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

なんだこの気持ち悪い生物、すばらしい!!

2017年06月08日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]