({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■ストーリー
この学園の教師をしている、私…“花井美冬”は、ある一人の教え子のことが心配だ。

一際物静かで目立たない男子学生、“香田慎司”。
このクラスに入ってからというもの、どうもいじめを受けているらしい。
現状と今後について、具体的に話を進めるために、香田くんを生活指導室に呼び込むことにした。

黙ってうつむく香田くんを気遣いながら、私は優しくささやく。
それでも何も言ってくれない彼の顔をのぞき込みながら、私も小さく息を吐いた時だっただろうか。

『くく……心配ないよ、先生。僕は、いじめられるように仕向けてきたんだからさ』

香田くんに妖しく笑い返されて、一瞬何を言われたのかわからなかった。
自分の言いなりにならないと、いじめを苦にした遺書を残して、自殺する……
そうやって、私を脅すためにいじめられていたと彼は言う。

人を操り、自分の思うようにしたい人間。
そのためには、嘘をつくのも人を傷つけるのも平気。
それが、香田くんの本性だった。

『僕、ずっと気になってたんだ……先生は、どんな声で啼くのかなって。』

気がつけば、手首をつかまれていた。
香田くんが握り締めているモノ……それは、大きな注射器……いや、巨大な浣腸器のように見えた。

『ねぇ、聞かせてよ、先生……?』

■登場キャラクター
●花井 美冬 (CV:永野らび)
T162 / B90 / W57 / H85

生真面目な性格。
初担任で肩に力が入ってる状態。
“慎司”の調教を受けるうちに段々と情が深くなっていく。

作品情報/動作環境

ファイル容量
313MB
CPU
Pentium4以上 / Core 2 Duo以上
メモリ
2GB以上 / 4GB以上
VIDEO
VRAM 128以上 / 256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アナル*ティーチャー~感度良肛!? 逆レッスン~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!女教師アナル調教

2018年03月26日  

このレビューは参考になった×0人

主人公に目を付けられた新人女教師の快楽調教ものAVGです。

いわゆるテキストを読み進めながら進行するノベルゲーで、
タイトルにもあるように、主人公はアナルの拡張と調教をメインに
女教師を様々なプレイで調教していくことになります。
可憐で愛らしい先生が恥ずかしさで頬を染めながら、後ろの窄まりを
性器以上の性感帯として開発されていくのを戸惑いながらも快感として
次第に貪欲に受け入れていくのがイイ感じでした。
教師のトレードマークである白いシャツとタイトスカートなどの着衣を
脱がないでの行為なんかも、先生として犯されているというシチュエーションを
強化する点でかなりポイント高いと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]