美少女ゲーム > WAFFLE > 淫靡蕩少女 ─抗いし純真なる少女─

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

【淫靡蕩少女シリーズ全4部作、これが最後の物語】

人類に永遠の命をもたらした技術「精神転送」。
この技術によって翻弄された者たちが、物語を紡いできた。
彼らはそれぞれに答えを出し、物語に幕を引いた――。

だが、まだ終わってはいない。最後のピースが足りない。
彼らにはやり残したことがあり、残した謎がある。
その中心にいた存在は「ハイビスカス」。
最後に暴くべき真実。

最後に待ち受けているものは
希望か、絶望か

ストーリー

【私たちは正しかったのか 間違えてしまったのか】

主人公である『唯織』は、ヒューマノイドの技術者。
唯織は、「俺の考えた最高の美少女」としてヒューマノイド『リリィ』を制作していた。
しかしそんなある日、唯織の元に、突然記憶を失った謎の精神データが送られてくる。
それは、開発途中だったリリィを乗っ取ってしまった。
精神データに乗っ取られたリリィは、目を開く。
だが、その中身は記憶を失った『誰か』だった。
覚えていることは1つだけ。

「ハイビスカスを、殺せ」

明らかに異常な事態に困惑する唯織。
しかし、リリィは強く目的の達成を懇願した。
唯織はその言葉に動かされ、「何でも言うことを聞く」ことを条件に、
真実を知るため、『ハイビスカス』の元を目指す――。

彼らに待ち受けている真実とは――――

登場キャラクター

淫靡蕩少女 ─抗いし純真なる少女─ [WAFFLE]

【凛々しく美しい至高の美少女】
●リリィ (CV:みたかりん)
主人公・唯織が「俺の考えた最高の美少女」として制作していたヒューマノイド。
しかし中身は、突然送られてきた正体不明の謎の精神データ。
唯織が制作していた「俺の考えた最高の美少女」である『リリィ』の中に入ってしまう。
記憶を失っており、自分が誰かも分からないが、非常に堂々としていて、何に対してもハキハキと話し、意見を主張する。
反面抜けているところも多く、ドジをしたり色事を恥ずかしがったりといった面もある。
記憶はないが「ハイビスカスを殺せ」という目的だけを持っている。
リリィに入ってすぐ、怪しまれて主人公に拘束されてしまったが、「何でもする」ことを条件に解放され、主人公と共に「ハイビスカス」の元を目指すことになる。

「目的さえ達成できれば何でも構わん」

淫靡蕩少女 ─抗いし純真なる少女─ [WAFFLE]

【残念な主人の優秀なお世話係】
●アザレア (CV:榛名れん)
主人公・唯織に付き従うサポーティア。
中身は人工知能であり、人間ではない。
昔から生活全般の世話をしており非常に優秀で、料理洗濯からエッチまで何でもこなす。
敬語で話し命令には忠実だが、主人である唯織をからかったり、冗談を言ったりすることも多い。
空気はだいぶ読める方。
サポーティアという性質上、常に一歩引いているが、唯織が困ったときにはすぐに手を差し伸べてくれる。

「理屈をこねるのがお上手ですね」

 

 

作品情報/動作環境

作品番号
VJ010016
ファイル名/ファイル容量
総計 1.42GB
VJ010016.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ010016.part2.rar / 691.76MB (725365242Byte)
CPU
Core 2 Duo以上 / Core i3以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上 (GeForce 3以上、またはRADEON 8500以上)
必要解像度
1280*720 フルカラー
その他
「Cyclone X10 USB」「臨界点-rinkaiten-」標準対応済み
ソフ倫受理番号
受理番号1600271D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号1600271D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫靡蕩少女 ─抗いし純真なる少女─」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

オールハッピー(2)

おすすめ!リリィが可愛い

2017年05月15日  

このレビューは参考になった×0人

全4作の内この1作しかやっていませんが朧気に全体像は見えてきます。

色々な謎や展開はありますがタイトル通りメインヒロインであるリリィが可愛いのが今作の一番の目玉ではないでしょうか。
記憶を失い少女の体に入れられた大人の女性。
不安や怯えがある状況で凜とした佇まいを見せるのがとても魅力的に見えました。

一見マジメ一辺倒な物語に見えますが主人公が好き勝手にエロシーンを挿入してくるので息抜きとともにライトノベル的な軽さがあるのが特徴的です。

ミドルプライス作品としての完成度が高いオススメの良作です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!自己を貫き通す熱さ

2016年05月03日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

全4作プレイさせて頂きましたが、登場人物全てが魅力的な人物で、一見唯の悪に見える人物も内に熱い思いを秘めていて、皆が皆善悪だけでは判断できない意志の強さを持ち、それらのぶつかり合いが熱い作品でした。

最終作である今作は、今までの作品で出てきた人物がほぼ全員登場し、今までの伏線も回収され、いわゆるお祭り作品といった感じで楽しめたように感じます。

今作初登場のリリィちゃんは声優さんの演技も相まって、淫靡蕩シリーズ屈指の可愛さを誇ります(次点はディアちゃん)彼女に罵られたい紳士は是非プレイを。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!完結ですね。

2016年04月18日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

全四部作、今回で完結です!
正直、前作は微妙だと思いましたが、今作は素晴らしい。
完結にふさわしい盛り上がりがあり、最後も綺麗にまとまっています。

このシリーズ、各作品数百DLしかありませんが…みなさん勿体無いですよ。
このままじゃ隠れた名作ってのになっちゃいます!(トップページおもいっきりで宣伝してるけど)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]