美少女ゲーム > Regulus > 1/7の魔法使い

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
「世界を救う“魔法使い”になる」

遠い記憶の彼方、幼いころに交わした、そんな途方もない約束。
その後、約束の相手と離れ離れとなり、交わした約束も少しずつその意味合いを変えていき、
いつしか……あの時交わした指輪だけが、約束を証明する唯一の存在となっていた。

時は過ぎ、新魔法暦38年。
そんな一人の少年の願いを知ってか知らずか、世界は再び観測された“魔女”の存在に震撼していた。
一条勇治は、そんな幼いころの約束を果たすため、“魔法使い”を目指すごく普通の少年。
少年は、魔法学園への入学を決意し、魔法選抜試験を受験する。
しかし、筆記、実技試験の結果にてTOPの成績を収めながら、
『魔法使いの素養無し』ただそれだけの、だが明確な理由にて“落ちこぼれ”と認定されてしまう。

しかし、その後の再審査にて特例として編入を認められ、
半年遅れでマイアレヌス魔法学園への編入を果たす。
そこでは、来るべき魔女復活に向けて、優れた魔法の素質を持つ少年少女たちが学園生活を送っていた。

学園を見て回る勇治、突然聞きなれた声がした刹那、辺りが闇に包まれた。
カラフルな衣装、その背丈に似合わない巨大な武器、
右手に輝く五つ星の指輪を携え、凛とした表情で佇む一人の少女。
闇の中から現れたのは……幼いころに離れ離れになった約束の少女、神埼えまだった。

突然のことに声を失う勇治。少女は勇治の手にはめていた指輪を見て、言い放った。

「勇治……あなたは、私が望む“勇治”じゃない――」

言葉の意味も分からず立ち尽くす勇治に、少女は続けて言う。

「こっちへいらっしゃい。私はその先で待ってるから――」

少女は、そう言い残して去って行ってしまう。
だが、そのあとすぐに勇治は知ることとなる―少女の言葉、その意味の“一端”を。

その後、学園から言い渡されたのは、『更正科』と呼ばれる“落ちこぼれ”からの卒業。
期間は一ヶ月、そこで学園での問題児や成績不良児たちと共に、
『全員』が魔法使いとしての素養を発現を出来なければ編入を待たずしてめでたく退学が決定する。

そう、俺は―まだ学園の入学すら認められていなかったのだ―

「世界を救う“魔法使い”になる」

遠い記憶の彼方、幼いころに交わした、そんな途方もない約束。
たとえそれが、本来の目的とかけ離れた、ちっぽけなスタートだったとしても。
そんな途方もない約束を果たすための第一歩を。今、勇治は歩みだした。

■登場キャラクター
【約束を果たすため、魔法使いになる】
●一条 勇治
小さいころ、神崎えまと交わしたある約束を果たすため、魔法使いになる事を決意する。
しかし魔法選抜試験にて、筆記、実技試験の結果にてTOPの成績を収めながら
魔法力が著しく低いという結果にて、魔法使いの素養無しと認定された“落ちこぼれ”。
そのアンバランスな結果により異例の再審査が行われ、半年遅れでマイアレヌス学園に入学を認められる。
魔法力は他よりも数段劣るが、それを凌駕するほどの“何か”を持つとされるがその内容は秘匿されている。
性格は、普段から冷静で戦況を広い視野で見るタイプで大局観に優れており
自分の考えでみんなを引っ張っていくリーダーシップを併せ持つ。
また、情に厚い部分があり、自分よりも他人を思いやる心優しいタイプ。

「俺は……あいつと戦うまで、負けるわけにはいかないんだ!」

【世話好きだけど素直になれない、完璧系ヒロイン】
●東雲 優希 (CV:上田朱音)
一条勇治の幼馴染。
小さいころから勇治とともに魔法使いを目指し、共に切磋琢磨する。
マイアレヌス学園への入学を決めた後も勇治のことを常に気にかけており、
勇治の学園編入を誰よりも喜んでいる。
世話焼きというよりもお節介……。
押しつけがましいとも言える性格で、自分の事よりも相手のことを第一に考える優しい心の持ち主。
正直で隠し事ができない性格で、
特に勇治のことについては、周りから見ていてもその違いが丸わかりなくらい。
仕切りたがり屋で普段はしっかり者(のつもり)だが、意外とメルヘンな趣味を持っている。
得意魔法式は炎で、威力はあるのだが応用力に乏しく、あまり実践的とはいえない。

「この気持ちだけは……譲れない!私だって、勇治くんの幼なじみなんだからっ!」

【引っ込み思案で何をやるにも奥手な、助けたくなる系ヒロイン】
●二宮 愛華 (CV:結衣菜)
小さいころに魔法使いに助けられた過去を持ち、魔法使いに憧れて学園の入学を決める。
魔法式の構成能力は天才的だが、田舎から出てきたのもあってか、おっとりして競争向きでなく
その内気な性格から、戦いにおいて不利に働くことが多く、その才能を使いこなせていない。
また、優柔不断な性格で物事を自分一人で決定することが出来ないが
土壇場になると、信じられない力を発揮する……らしい。
魔法使いになって空を飛びたいという夢から、風系の魔法式を扱う。

「愛華だって……あなたの力になりたいです!だから……力を貸して、ウサギさん!」

【普段は無口な毒舌系ヒロイン】
●霧島 美涼 (CV:鶴屋春人)
教室の端で、ぶすっとした表情でいつも座っている少女。
学園でもトップクラスの魔法力を有しているが、その素行に問題ありということで下位科に在籍している。
氷の魔法式を得意とするらしいが、魔法を使うことについて嫌悪感を抱いており、
クラスメイトでも彼女の魔法を見たことがあるものはほとんどいない。
無口な性格で、話しかけても基本反応しないが、勇治の妹にだけは何故か興味があるらしく好意を寄せてくる。
読書が趣味で、普段から多くの魔法書を読んでいる研究熱心な一面もあるようだが……。

「私は、あなたを守る盾になりたい。傷つく姿を、見たくないから」

【完全無敵な、お嬢様系ヒロイン】
●神埼 えま (CV:藤森ゆき奈)
入学と共に常に成績TOP、学園始まって以来とも噂される天才魔法少女。
完璧主義でプライドが高く、人に負けるということを誰よりも嫌い
自分の思い通りにいかないことは許せないという強気でワガママな性格。
魔法のセンスは人間離れしており、すべての魔法系統を超一流の精度で扱うことができる。
さらに、相手のバトルスタイルに合わせてその場でオリジナルの魔法式を組み上げる適応力の高さを持つ。
何か別の目的があって学園に通っているようだがその詳細については謎に包まれている。

「その答えを知りたいなら……それに見合う力を示しなさい!」

【目に入れても痛くない、かわいい妹】
●一条 陽葵 (CV:柚原みう)
勇治の一つ年下の妹。
天才的な魔法センスを持っており、飛び級にてマイアレヌス学園への入学を認められていたが、
兄なしで学園に入学したくないとごねて結果勇治と共に半年遅れで入学を果たす。
お兄ちゃん子で、いつも一緒にいて、二人っきりの時はベタベタと側から離れようとしない。
基本的に人に優しく温和な性格だが、兄様に近づくもの=敵という思考回路を持ち
周囲とトラブルになる事もしばしば。
得意魔法式は最高難易度とされる光系統で大人でも制御の難しい高度な魔法式をたやすく扱う。

「神埼えま……あなただけには、負けない! 負けたくない!」

【世話焼きなクラス委員】
●近衛 楓菜 (CV:夢野ぼたん)
主人公と優希と同じ学園出身で、現在は下位科に所属している。
元気で愛らしい性格で、クラスでも1番の人気者。
クラス委員もやっており、周りからの人望も厚い。
世話焼きな性格で、下位科に在籍してきた主人公たちを気にかけてくれる。
魔法の能力も相当なものではあるが、その性格が加味してか戦いにおいては一歩引いてしまったり、
自らを磨くよりもみんなで頑張ろうという感じで本来のポテンシャルを発揮できていない。

「たとえ今は追いつけなくても……歩みを止めなければいつかは勝てるさ!」

【厳しい性格の大和撫子】
●綾部 凛穂 (CV:東かりん)
下位科のクラスメイトで、真優とは幼馴染み。
自らにも周りにも厳しい性格で、歯に衣着せない毒舌な節がある。
小さいころから厳しく育てられたので、お茶の作法や華道も完璧、
勉強やスポーツも優秀で今まで挫折というものを味わったことがない。
魔法使いとしての素質は高いが、下位科という判断を下され
かなりショックを受けており、多少投げやりになっている節も。

「みんな何のために戦うの……?努力したって、勝てないのに……」

【努力家】
●雨宮 真優 (CV:夏村伊介)
下位科のクラスメイトで、凛穂とは幼馴染み。
凛穂と同じ道を目指そうと入学を決めたが、魔法使いとしての素質はそこまで高くない。
真面目な性格で、下位科になったことにもめげずに堅実に努力を積み重ねている。
将来は優秀な魔法使いとなって、家族や友人を支えたいと思っている。

「不器用な私には……戦う姿で何かを伝えることしか出来ませんから」

【凛とした大人の女性】
●百鬼 武美 (CV:杉原茉莉)
主人公達のクラスの担任。
本校の卒業生で、かつては優秀な魔法使いとして戦線にも立ったことがある。
現在では更新の育成を任され、学園で教鞭を振るう。
鬼教官として有名で、そのスパルタに毎年何十名の学生がその道を諦めるほど。
しかし、その実面倒見がよく親身になって相談に乗ってくれたりと優しい一面もある。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009548
ファイル名/ファイル容量
総計 4.31GB
VJ009548.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009548.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009548.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009548.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009548.part5.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009548.part6.rar / 603.19MB (632488062Byte)
CPU
Core 2 Duo 2.4GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
VIDEO
DirectXに対応したもの
必要解像度
1280*720 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0007402D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0007402D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「1/7の魔法使い」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件