美少女ゲーム > PoROre: > 鬼父 下巻 「はしたない清楚なレギンス」

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 PoROre:フォローする
販売日 2015年10月02日
シナリオ PON
イラスト きのはらひかる(キャラデザ)
その他 野火止用太(演出) / 原作:『鬼父 ~愛娘強制発情~』(ブルーゲイル)
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

「可愛くてジュ~シィ」そのままに昇華したヒットタイトルの第二弾!
前作の金髪ツインテールに続いて、今回は清楚な巨乳ロリフェイスの姉がターゲット
小生意気なキャラとは打って変わって、清楚で従順な出来た愛娘。
しかし、その一方で今どきの子らしく父親には言えないヒミツは持っている。
そんな娘に従順さの再教育を施すべく、猛り立った肉棒で、
ぴちっとしたレギンスを弄りながら、泣き歪む可愛い娘の顔をたっぷりと汚しかけていく。
揚げ句の果ては好きな男の前で、父親の肉棒をしゃぶらせながら肉奴隷を誓わせる傍若無人な恥辱三昧。
今回は前回以上に「可愛くてジュ~シィ」なクオリティアップ120%の
「coquttish doll」が貴方の股間の駆り立てます!

■ストーリー
秋月家長女「真理奈」。
愛莉の姉である真理奈は巨乳で清楚な優等生。
最近は彼氏もできて幸せ満帆である……。
そんな愛娘に全く面白くない父「孝三」。
他の男に自分の娘がとられるくらいなら自分が……。
友達と勉強と称して彼氏の家に泊まりに行こうとする真理奈を強引に引き止めた。
いつもの清楚で従順な娘とは違う、驚きと憎しみで見つめる真理奈。
その可愛い口からは「い、いつものお父さんと違います……そんなお父さん、キライ、です」
蔑まれ続けた愛莉と違い、慕い優しく接してくれた真理奈から出てきた言葉にショックの孝三は……
真理奈を跪かせると猛り立った肉棒をその頬に押し付け、ぴちっと締付けられたレギンスを弄り、
泣き歪む真理奈に覆いかぶさるのであった……。
一方、そんな真理奈の様子を知るはずもなく待ちぼうけの彼氏「雅人」の前には、
慌てたように駆け寄ってくる金髪ロングの少女の姿があった……

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009532
ファイル名/ファイル容量
VJ009532.zip / 766.27MB (803496801Byte)
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分
ソフ倫受理番号
受理番号0007389D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0007389D)

鬼父 下巻 「はしたない清楚なレギンス」の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「鬼父 下巻 「はしたない清楚なレギンス」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

玄関ロビーでのレイプが圧巻

2016年05月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

玄関ロビーでレイプするシーンだけで十分見ごたえがあります。からみつくようなキスにはじまり、じわりじわりと官能的なレイプ。たまりません。あらがえず、処女を喪失してしまう図が何ともいいようがありません。大好きな作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]