美少女ゲーム > WHITESOFT > ギャングスタ・リパブリカ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
「心の中のガラクタを捨てられないものは、あの店を訪れるといい。いつか、仲間にめぐり逢える」

そんな、マイナーな噂話があった。
誰も気に留めないような、あやふやで不確かな話。
けれど、周りとは少しだけ違う内面をもった彼らはその噂話に乗り、そして仲間を見つけた。

盛夏――
「……何か悪いことねーかな」
ガランゴロンと騒々しく鐘が鳴るなか、今日も「篤志部」の部室で、
時守叶(ときもり・かなえ)はつぶやく。

聖天義(せいてんぎ)学園本校舎。
時を告げる鐘の真下、騒音のため学内の誰もが嫌うその場所に、篤志部の部室はある。

しかし学内に、その部を正式な名で呼ぶ者はいない。
生徒たちはおろか、教師ですら。

代わりに彼らは、関わりあいになりたくないという苦笑とともに、こう呼ぶのだ。

「ギャング部」

誰が言い始めたのかは、不明ということになっている。
活動内容を怪しんだ生徒会だともいわれているが、
じつのところいちばん有力なのは当の部員たちの自称という説である。

そしてその説は、完全に正しい。
なぜなら副部長である叶こそが、名づけ親なのだから。
篤志部――ギャング部の部室には、ご丁寧に額縁に入れられて、こんな言葉が掲げられている。

――邪悪であれ。

「悪が世界を変える」と信じている叶の発案によるスローガンであり、
ギャング部のただ1つの行動原理である。

あるときは、子供たちの遊び相手になると称して、若い貴重な時間を奪い――
またあるときは、おばあちゃんの引っ越しを手伝うと称して、お礼にお菓子をせしめる。

これが、彼らの「悪」。

学園内で。
商店街で。
駅前で。
街中で。
ギャング部の面々は、悪をなす。

なぜなら、悪であることは、仲間であることの証だから。
心の中のガラクタを捨てられない彼らは、悪の名の下にめぐり逢った仲間なのだから。

だから今日も、叶はつぶやくのだ。
「……さて、悪いこと、探しに行くか」
仲間とともに、悪党どもの共和国(ギャングスタ・リパブリカ)での時間をすごすために。

■登場キャラクター
●凛堂 禊 (CV:出馬瑤子)
田舎の名家の娘だったが、世間を知るためにこの街に転校してきた。
マンションで一人暮らしをしている。
説明なくとっぴな言動を行うので、誤解されやすい。
神出鬼没で、いつの間にか現れて、いつの間にか消えている。
あまり言葉にはしないが、「悪」を志す主人公に共感を覚えている。

「それが貴方の悪?超微温度的」

●水柿 こおり (CV:夏野こおり)
主人公の幼馴染。
近所に住んでいて、一緒に登下校する間柄。
健康優良・品行方正・学術優等・元気溌剌。
常識人で、周囲の非常識な行動に、ツッコミ役に回ることが多い。
主人公たちのギャング部活動に対して、当初は冷ややかな眼差しを持っている。
昔から主人公に好意をいだいているが、はっきりと態度・言葉に出せない。

「動きださないと何も見つからない!それが世界の摂理よっ」

●古雅 ゆとり (CV:shizuku)
主人公たちとは同級生だが病気で休学していたので、1つ年上。
おっとりした性格で包容力あり。
ギャング部の設立者であり部長、そしてパトロン。
家はお金持ちで、ギャング部の備品や活動費用は
ゆとりの小遣い(通称Y資金)から出ている。

「まずはお茶でも飲んでゆっくり考えましょ」

●時守 希 (CV:あじ秋刀魚)
主人公の妹で主人公と同居している。
学業成績が超優秀だったので飛び級して海外に留学、その後帰国して教師になった。
主人公のクラスの担任であり、ギャング部の顧問。
行動が子供っぽい主人公に対して、キツくor冷たくあたったりすることが多い。
触手が女の子にからみついている薄い本などを
隠し持っていて(しかもよくリビングに置き忘れたりする)
主人公は将来を心配している。

「仕方ない、引き受けてやる。不出来な兄ほどかわいいものだ」

●シャールカ・グロスマノヴァ (CV:桐谷華)
東欧の某国生まれの3年生。
極端な面倒くさがりで、いつもだらけていてやる気がない。
「悪」には全然興味がなく、だらだらできる環境に惹かれてギャング部に入った。
基本、部室のソファでゲームをしているかマンガを読んでいるか。
そんな生活習慣とはうらはらに成績はとても優秀で、全国上位レベル。
かなりの偏食家で、そのせいかいろいろ未発達で、とても上級生には見えない。

「怠けられる社会ほどすばらしいものはないな、うんうん」

●宮本 楚々音 (CV:紺野クレア)
主人公と同じクラスの友人。
主人公と小学生レベルの会話ができる数少ない相手。
黙っていればかわいいが、小学生マインドのまま大きくなったため、恋愛等には興味なし。
ギャング部所属ではなく帰宅部。

「よし、いい覚悟。その甘い精神論、数の力で完膚なきまでに粉砕する」

●稚咲 春日 (CV:美空なつひ)
ギャング部所属。
主人公に対する憧れを抱く、気弱だが一生懸命な後輩。
ドジっこであわてんぼう。
主人公に出逢ったことにより「悪」に目覚める。
ギャング部で行う「悪」の活動のネタをよくもってくる。

「反省しますっ。悪を信じる心が足りませんでしたっ」

●綿之原 七子 (CV:嵐子)
こおりの昔からの友達で、生徒会所属。
生真面目で熱い性格。
主人公とは対立することが多い。
ルールを重んじており、曲がったことが嫌い。
多少視野が偏狭になることもあるが、仲間に対して優しかったり気前がよかったりもする。

「生徒会で仕事してると、何かにつけてこおりが必要だと感じちゃうのよね」

●眞鍋 梨都子 (CV:美空なつひ)
古雅家のメイド。
ゆとりに忠実で、いっしょに学園にやって来ている。
ギャング部の部員ではないが、ゆとりと一緒に部室にいることが多いので、部員みたいなもの。
常識人なので、ゆとりたギャング部の面々の非常識な言動に心労を重ねている。

「あまりお嬢さまをそそのかさないでください」

●凛堂 筮 (CV:椎名ヨオコ)
禊の母親。
田舎の神社(禊の実家)で宮司をやっている。
非常に霊力があるとかで、地元では尊敬されている。
穏やかで優しそうに見えるが、笑顔で怒るタイプ。
一方、娘には厳しそうに見えてとても甘い。

「もうすこし若ければ、禊のように適応できたのかもしれないけれど」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008935
ファイル名/ファイル容量
総計 2.13GB
VJ008935.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008935.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008935.part3.rar / 654.48MB (686270873Byte)
CPU
PentiumIII 1GHz以上 / Pentium4 2GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
必要解像度
1024*576 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0006327D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006327D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ギャングスタ・リパブリカ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件