美少女ゲーム > Liar-soft > オイランルージュ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■物語
江戸、吉原。百万都市・江戸随一の遊郭街。

幕府の中心地として江戸の町が発展を続ける過程で、
町中に点在する遊女屋を一ヶ所に集めたことで成立したこの遊郭街は、
大火による焼亡と移転を経て、日本橋より北に一里半の大川沿いに不夜の城を築いた。

愛と欲、情と憎、嘘と誠、女と男のすべてを引き寄せ、一夜に千両を動かす。
太夫と呼ばれる最上位の遊女は、大名であっても気に入らなければ頭を垂れぬ、
花魁と呼ばれた彼女達は、金で買われながらも矜恃を失わず、
一夜限りの仮初めながら、夫婦として男を迎えて、その技を尽くす。
江戸三百年の間に、この遊郭街は、男の粋と女の張りと言い表された独特の伝統を生みだしていく。

嘉門は、その吉原で店を構える父親の元で、日々遊び暮らしていた。
しかし、父親の死により、状況は一変する。

堅実な先代店主のもとで繁盛していた店をぼんくら息子が継いだと聞いて、取り付けに群がる借金取り達。
吉原の顔役の介入でなんとか破産だけは免れたものの、
嘉門の手元に残ったのは、格を落として小見世まで成り下がった店と、
ただ一人残った太夫・氷笹、幾人かの格下の遊女、わずかばかりの金子、
そして、父親がどこぞの取り潰された大名の子女との触れ込みで大枚はたいて買ってきた娘、天音だけだった。

しかし、ここでただ何もせず店を潰したとあっては男がすたる。
かくして、嘉門は、この『高瀬屋』をたてなおし、
大見世と呼ばれる吉原一の遊郭とすることを目指し、店主業に励むこととなる。

■システム
『オイランルージュ』の経営パートでの目標は、店を繁盛させることです。

ゲーム内での一ヶ月の始めに、「経営方針画面」で、店の必要な項目に投資し、
「采配」を採用して、店の運営方針を決定します。
この結果、店にお客が集まり、売上げ金を受け取ることになります。
この売上げ金で翌月の「経営方針画面」でまた、店に投資することになります。

これを3年間、最大36回繰り返し、運営資金を増加させ、遊女の増員やサービス増強を行い、
店の規模・評判・格などを向上させてゆくことになります。

■登場人物
●天音 (CV:中家志穂)
お取り潰しにあった大名の一人娘という触れ込みで売られてきたが、
それは真っ赤な嘘のただの田舎娘。
だが、その内側には一流の花魁となれる素質があると嘉門は見抜いている……、
というより、大枚をはたいて買った娘なので、元を取ってもらわなければ困ると、
大事に育てていくことになる。
遊女でありながら、折れず陰らぬ心根で、嘉門や客を包み込む深い愛情を見せる。

「誰も、何も、恨んでいません。こうして生きていけることが幸せとも思える。
   でも……、あなたが時折、優しくしてくれるたびに、泣きたくなるのは、なぜなんでしょう」

●氷笹 (CV:かわしまりの)
嘉門の父親の代からただ一人残った太夫。
自分を育ててくれた先代への恩もあり、嘉門を見捨てきれずに残った。
芸が達者で床上手。
上客も多いので、嘉門もなかなか頭があがらない。
遊女としての自尊心が高く、野暮を嫌う。
浮気をしてくる客を拒むことはないが、元の相手の遊女が文句をつけに怒鳴り込んでくれば、
客とまとめて殴り倒すくらいの張りを見せる。

「金さえ払えばどんな夢だって見せる一夜の蝶。
   ふふ、そんな小さな誇りにすがっているから、あなたの上で腰を振っていられるのよ」

●珠琴 (CV:金田まひる)
嘉門の妹。
店の経営に追われて実家に帰ってこなくなった兄を案じて吉原に乗り込み、
そのまま遊女として居着いてしまう。
兄を心配し、力になろうとする一心で芸・色事を学んでいく。
最初は、すぐに音を上げるだろうと高をくくっていた嘉門も、
徐々に開花していく珠琴の遊女としての才能に舌を巻くことに。

「あぁ、素敵……。兄様、こんな楽しいこと、初めて!
   お願い、兄様、もっと、もっとたくさん教えて!」

●高瀬屋 嘉門
主人公。
父親の急死により、吉原の遊郭 『高瀬屋』 を継ぐことになった。
それなりに才気のある江戸っ子。
商売人なので上客や官憲にはへりくだりもするが、胸の裡で啖呵を切ったり舌を出したりしている。
情には厚く、店の者を大事に思ってはいる。
が、自分の立場をわきまえており、偽悪的に振る舞う面を出すことが多い。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008930
ファイル名/ファイル容量
総計 1.47GB
VJ008930.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008930.part2.rar / 742.96MB (779052912Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
1GB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0006734D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006734D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「オイランルージュ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

プレイし続けてしまう。

2016年10月23日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

なによりゲームテンポが良い。
なのでどんどん進められる。

ちょっと癖もありつつそれでいて艶のある絵なので
かなりイイ。

OPの曲もカッコいい。
なにもかもがいい。

テキストもしっかりエロい。

遊郭モノなので、ただのビッチかとおもいきゃぁ
そういう訳でもなくしっかり3パターンヒロインで
網羅してますよ。

天音ちゃんの声が好きです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!SLGによくある感じでもう1ターン・・・もう1ターンと・・・

2016年03月01日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

説明にある通り遊郭を経営してお金を稼ぐのが目的のゲーム。

画面の作りが簡素だったのでどの程度楽しめるかちょっと不安だったんですが、始めてみるとイベント全開放のためにもう1ターン・・・もう1ターン・・・とSLGにありがちな感じで遊んでしまいました。初めの何回かは破産してしまうかもしれませんが、慣れると簡単なバランスです。

攻略できるヒロインの数は多いとは言えませんが、物語の彩りとして不足は感じませんでした。

歴史ものを何作か作ってるブランドでもあるので、時代物としてもそこそこ楽しめると思います。

ブランドの作品一覧を眺めてたら何か見覚えあるなぁ・・・と思ってたら行殺新選組を作ったとこだったんですね。全然気づいてなかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]