美少女ゲーム > Astronauts > 付喪女・あおゑ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■物語
妖怪や悪魔、幽霊といった存在はただ知られていないだけで、確かに存在する。
とりわけ、人に仇なす彼らは「アヤカシ」と呼ばれ──その脅威から人々を守るのが「祓魔士」の役目だ。
主人公の守次もその祓魔士のひとり。
半人前ながらも幼馴染で、先輩祓魔士の愛文とともにその役目をこなしていた。
そんなある日、須奥市のアヤカシが急増。その調査を愛文から頼まれることになった守次。
一人前と認められるための試練だと意気込む彼に、愛文はあるものを渡す。
霊刀──ツクモガミを宿した、アヤカシを切るための武器を。
「それは、あおゑ。今日からあなたの相方となる、刀の名前よ」
促されるまま、霊刀を抜くと淡い光とともにツクモガミが姿を見せた。
これから共に戦う相棒。命を預けるパートナー。
“彼女”は、開口一番、言い放つ。
「私、働きませんから」
堂々たるニート宣言にもめげず、守次は心を開かないあおゑとともに任務に就く。
果たしてあおゑは心を開いてくれるのだろうか。
そして、調査の末に浮かび上がる真相とは──

■登場キャラクター
【「働きません」が口癖の相棒】
●あおゑ (CV:佐倉もも花)
霊刀という刀に宿っている女の子のツクモガミ。
『私は働きません』とニート宣言したうえに守次に全く協力しようとしない困った相棒。
しかし頼まれると断れない性格もあり、愛文の「お願い」を聞き、しぶしぶ守次に協力することに。

「いやです。断固としてお断りいたします。」

【幼馴染であり先輩祓魔士】
●佐々本 愛文 (CV:ヒマリ)
幼馴染のお姉さん。
祓魔士としても、守次の先輩でいろんな意味で憧れの人。
日本各地を回って祓魔士の仕事をしてきたが2年前に帰郷。
以降、なにかと理由をつけて守次に世話を焼いており、今では立派な通い妻に。
今回起きた事件でヘマをしてしまい入院生活をよぎなくされる。

「私ひとりじゃ力がたりないの。お願い…私を…助けて欲しい」

●赤緒 (CV:ヒマリ)
突如姿を現した謎のアヤカシ。
愛文を病院送りにした張本人。

「この町にはもう美味しい獲物はいないのかねぇ」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008886
ファイル名/ファイル容量
VJ008886.zip / 878.44MB (921107832Byte)
CPU
Pentium4以上
メモリ
1GB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上
必要解像度
1024*768 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0006675D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006675D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「付喪女・あおゑ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!あおゑ最高!!

2015年06月30日  

このレビューは参考になった×4人

このブランドの作品は初めてプレイしましたが、キャラクターの作り方、プレイ時間は5時間くらいの作品ですが物語の作り方が非常に丁寧で感動しました。
作品紹介見ただけではただのニートなヒロインを調教!といった感じに取れますが、あおゑはただのニートではありません。
確かに物語を作る上でただのニートってわけではないのですが、あおゑの性格や身の上からで何故その考えに至ったのか、そこが分かるとあおゑが大変愛おしくなります。

真相が分かると「なんだ、そんなことか」と思われるかもしれませんが、その場面に差し掛かるまでのあおゑのひとつひとつの台詞やしぐさ、行動などからあおゑというキャラクターを理解していると感情移入もたやすいものだと思います。

Hシーンに関してはテンポよく導入されます。15分おきに来る感じで凌辱はありません。
ちなみに物語の性質上、あおゑは非処女ですが本人は行為自体を作業のようなものと捉えています。なので行為に良い感情は持っていないのですが、それをフルスロットルで快楽に導いてい行く主人公には脱帽ものでした…。
あおゑ以外にも愛文というサブヒロインが居ますが、こちらはあおゑと正反対で処女から始まるのにさいしょから大変エロイです。

総評になりますが、話自体は一つの町で起こる事件といったありきたりな感じでベタな展開でしたが、キャラクター、物語の運び方が非常に上手く、気づけばどっぷりと浸かってる自分が居ました。ベタだけどしっかりとした土台のエロイ作品がやりたい方は是非プレイしてみてください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]