美少女ゲーム > Astronauts > デモニオンII ~魔王と三人の女王~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

迷宮防衛&侵攻SLG「デモニオンII ~魔王と三人の女王~」の
体験版やデモムービー、追加コンテンツなどを「体験版ミラー」で公開中です!
ご興味のある方は是非ご覧になってください!!

http://www.dlsite.com/pro/announce/=/product_id/VJ008430.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※本ゲームは、Ver.1.05 追加コンテンツをインストール済みです。

■ストーリー
かつては『不毛の地』と呼ばれたニルト地方に、流浪の民が4つの国を興した。
ブライトリーフ・エルフの王国ルザリオ。東方の皇国シュカ。氷の帝国キロス。
そして、種族ディアボリカを中心とした闇の魔国ハドス。
だが、何者かに扇動された人間たちの叛乱によりハドスは滅亡。

それから百年――。
ディアボリカはこの世界に破滅と混乱を呼ぶ存在として、差別と弾圧の対象となっていた。
ハドス滅亡から生き延び、ハドスの片田舎で怠惰な生活を送っていた王子カイム。
彼のもとを、人間たちによって両親を殺されたディアボリカの少女、リズベルが訪れる。
ディアボリカを救うべく、ハドスを再興しようと訴えるリズベルの説得により、
カイムはハドスを復興して3つの国を落とし、3人の女王を自分のものにすると宣言する。
亡国ハドスの再興を掲げる、魔王カイムの率いる魔王軍と、3つの国との戦いが始まる……。

■システム
ニルトの地下に広がる迷宮を拠点に、三人の女王たちの治める三大国の制圧を目指す『デモニオンII』。
地下迷宮を拡張・構築し、侵入してきた敵を迎撃する『防衛パート』と、
自軍のユニットで部隊を編成し、敵や罠の待ち構える敵拠点へと攻め入る『侵攻パート』で
構成されるシミュレーションゲームです。

●迷宮構築
迷宮構築では、地下迷宮の拡張、施設の建造、ユニットの配置や罠の設置などを行います。
新たな敵拠点へ侵攻する為には、迷宮を拡張し敵拠点に繋がる経路を発見する必要があります。
しかし、その経路からさらなる敵が攻めて来るようにもなりますので、
迷宮の拡張と同時に施設・罠の建造やユニットの配置などで軍備を強化し、敵襲に備えましょう。

●防衛戦
防衛パートは、罠を設置しユニットを召喚して
迷宮内へ侵入してきた敵ユニットを一定数撃退すれば防衛成功となります。
『玉座の間』に座す魔王カイムのHPが0になるとゲームオーバーとなります。

●侵攻戦
侵攻パートの目的は、自軍ユニットで部隊を編制し、敵や罠の待ち構える拠点を制圧することです。
三人の女王たちの治める三大国を攻め落とせ!
勝利条件は「敵拠点の目標となる部屋の制圧」です。
最強ユニットを編成し、敵拠点の再深層部へ進みましょう!

■登場キャラクター
【魔王軍】
●カイム
120年前に滅亡したディアボリカの国、ハドスの第一王子。
剣よりも魔術に適性を見せる。
自身も武器を振るうことを嫌ったため、武器の扱いは素人である。
ハドス滅亡の直前に誕生したため物心ついた頃には親兄弟もなく天涯孤独の身で、
自らの出自も知らぬまま各地を職を変えながら渡り歩く。
人間社会でのディアボリカに対する風当たりは強く、カイム自身何度も迫害や生命の危機に遭遇している。
そんな中で、ブラムにある宿屋を借りてぐうたら生活を送っていた。
女性に対する欲は強いが独占欲は薄く、エッチをより楽しむためならば第三者を交えるなどの行為も厭わない。
むしろ、他人に見せつけながら行為に及ぶことを好んでいる。

「ほう……こいつはなかなかの上玉ではないか。」

●リズベル (CV:佐倉もも花)
魔王軍の頭脳であり、カイムのお目付け役。
近年、ニルト地方各地で起きているディアボリカの弾圧に対して危機感を覚え、
それに対抗するべく120年前に滅亡したディアボリカの国、ハドスを再興し
ディアボリカの地位を向上させたいと考えている。
そこで、隠遁という名の自堕落な生活を送っていたハドス王の息子、カイムを探し出し、
魔王として担ぎ上げる。
真面目で知的な眼鏡美少女だが、一向に身長が伸びないことにコンプレックスを持っている。
カイムにはいつも悩まされながらも、淡い恋心を抱いている様子。
貧しいディアボリカの家庭に生まれ、幼少時に人間たちによるディアボリカの虐殺で両親を失う。
自らも命を奪われそうになったときに、その場に突如として現れたディアボリカの男性に命を救われる。
男は自らを『魔王』と名乗り、人間たちを蹴散らすとリズベルを遠方の孤児院まで届けた後、去っていった。
リズベルはこの時の記憶を大切にしており、魔王という存在に憧れを抱いている。

「これも魔王たるものの務めです。いい加減観念してください」

●ベアトリス (CV:ひむろゆり)
カイムの父親である前ハドス王が側室との間に設けた娘で、カイムとは 腹違いの姉。
ハドス滅亡時の混乱の中で暴徒たちに犯され、無残に殺されたとカイムには伝えられている。
幼い頃の姿しか知らないカイムだが、一目見てベアトリスだと気づく。
華やかで明るい性格だが、人の話を聞かないところ、忘れっぽいところが玉に瑕。
長身で巨乳、リズベルが思わず嫉妬してしまうほどの パーフェクトボディの持ち主。

「もー、リズったら、そんなに怒んなくていいじゃない。」

●マーガレッタ=ラザントリア (CV:乃嶋架菜)
ニルト地方の遥か南に5年前まで存在したラザントリア王国の姫。
王国が近隣の超大国、アミスの侵攻を受けて滅亡した際に執事の手によって逃がされ、
以後二人で傭兵稼業を営み食いつないでいる。
確固とした自信と逆境に屈しない根性を兼ね備えた少女。
その外見や年齢よりもはるかに老成しているように見える。
カイムには自分以上の王としての資質を感じ、彼を立派な王にしようと決意する。

「ふむ、なるほど……どうやらお主には、大きな星の導きがあるようじゃな」

●レベッカ=ナバスケス (CV:手塚りょうこ)
カイムが長期滞在している宿屋『十三の月の牡羊亭』のおかみ。
酒場で踊り子をしていた頃に知り合った男性と結婚し、宿屋を経営することになる。
夫との間には息子も授かったが、数年前の戦争で夫と息子を亡くし、以後ひとりで宿屋を切り盛りしている

「あらカイム、大勢で楽しそうね。まるでどっかの王様みたいじゃない」

【森の王国ルザリオ】
●ティーリア=エス=ランダトリカ (CV:岬友美)
ルザリオ王国の女王。
豊満で成熟した大人の女性。
慈悲深く受容力があるが、指導者としては優柔不断な一面を持つ。
自分は指導者に向いていないのではないかと考えており、女王の立場は彼女にとって重荷になっている。
国を治めていく自信が無いため、宰相のルドールが実質的に国政を取り仕切っている状況を
内心では歓迎している。

「駄目ね、私……こんなことでは女王失格だわ」

●エル=フラフニス (CV:蒼依ハル)
ブライトリーフの少女。
ルザリオの守備隊に所属している。
森でも一二を争う弓の腕を買われ、ティーリアの護衛を勤める。
素直で楽天的な性格だが、意外とずぶとい一面も持つ。
食い意地が張っており、特に甘いものには目がない。

「もう、子供扱いしないでくださいっ!甘く見てると、痛い目に遭いますよ?」

【炎の皇国シュカ】
●マガヒメ (CV:春日アン)
シュカに『焔皇』として君臨する女皇。
生まれながらにして龍の加護を受けている聖女。
国を治める文官と、国を守る武官との間での派閥争いが激しく、
マガヒメ自身はそのような国の現状に飽き飽きしている。
この争いは東方の巨大帝国サン(燦)での権力争いに敗れた者たちがシュカを建国したときから続いており、
マガヒメはこの現状を打開するためには一度国としての体制を根本から建て直すべきではないかと考えている。
宮廷での陰湿な宦官たちとの駆け引きにうんざりしていたところでカイムと出会い、興味を持つ。
表向きはシュカの支配者として立派に振舞っているものの、
内心では国の事は割とどうなっても良いと考えている。

「あら、面白そうじゃない。ねえねえ、私もついて行っていいかしら」

【氷の帝国キロス】
●グラス (CV:大波こなみ)
キロス帝国の女帝。
無口で無表情な少女。
キロスの女帝は、この地を支配する精霊との契約により
若くして命を絶たれる運命にあり、そのことを受け入れ諦観している。
そのため、全ての物事に対して距離を置いており、自分が生きている、という事実を実感できずにいる。
帝国の繁栄のための犠牲となり、人格すら認められず生きてきたグラスを
一人の女性として見てくれたカイムに強い興味を持つようになる。

「……我が言葉は帝国の意志。従えぬならば剣を交えるしかあるまい」

【冒険者たち】
●ヨザクラ=イツキ (CV:ヒマリ)
シュカでは剣豪として名を馳せている少女。
各地の道場を転々として腕試しをしていた。
マガヒメとも交流があり、彼女の個人的な依頼でカイム討伐に乗り出す。
内気で人見知りが激しく、また侍としての自分に自信が持てずにいる。
無数の人の血を吸ってきた魔剣『咎切(トガギリ)』を振るう。
ディアボリカや魔物たちに対する敵愾心や恐怖は無く、
目の前に現れる者が武器を手にしている限りは真剣勝負の相手である、と考える、生粋の剣士。

「剣の道は果てがない。……私など、まだその道に片足をかけたに過ぎんさ」

●オルフィス=ノーフォーン (CV:ももぞの薫)
同じくバウンティーハンターだった夫に先立たれ、3歳になる息子マルトを養うために
懸賞金の掛けられたモンスターを狩り、生計を立てている。
カイム討伐に乗り出したのも、懸賞金が目当てである。
気さくで面倒見のいい姉御肌。
賞金稼ぎという厳しい世界に身を置きながらも、きわめて常識的な考えを持っている。

「どちらが負けても、恨みっこ無しといこうじゃないか」

●ジェシカ=プルエネ (CV:楠田兎)
正義と審判の神ラスファを信仰するラスファ教の司祭であり、
ラスファの教義において悪とされる存在を抹殺する執行者。
自分に絶対的な自信を持つクールビューティー。
サディスティックな性癖を隠そうともしない。
魔物やディアボリカはこの世にあってはならない存在と考えている。
巨大なアルバレストを操り、神の奇跡を具現化する神言を刻み込んだ『神言弾』を撃ち出し、
不浄の存在を滅する。

「穢らわしい魔物ふぜいが……塵ひとつ残さず滅ぼしてやる」

●サファイア (CV:香澄りょう)
人間の少年。
大陸を股にかける凄腕の暗殺者。
一見すると美少女にしか見えない外見を利用してターゲットに接近し、
ベッドに連れ込み行為中に依頼を遂行する。
巨大なハサミをどこからとも無く取り出して獲物を切り刻む。

「君は幸せ者だよ。だって、ボクみたいなカワイイ子とエッチしながら死ねるんだから、さ♪」

●グリエッタ=オーリック (CV:渋谷ひめ)
人間の女性。
ニルト地方から南西に位置する
小国ラムシ(Lamouchi)の魔法学院の卒業生。
グリエッタが在籍していた時期にはリズベルも在籍しており、二人は主席の座を巡って 競い合っていた。
オーリック家はラムシでも名門貴族の家系として知られ、数多くの著名な魔術師を輩出している。
グリエッタも幼い頃より英才教育を受け、将来を嘱望されていた。
元素系魔法を得意とするが、その中でも炎と水の魔法に長けている。

「命が惜しければ、その薄汚い手をさっさと引っ込めることをお勧めしますわ」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ008777
ファイル名/ファイル容量
総計 4.16GB
VJ008777.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008777.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008777.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008777.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008777.part5.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ008777.part6.rar / 447.08MB (468797327Byte)
CPU
Core 2 Duo以上
メモリ
2GB以上
VIDEO
VRAM 256MB以上 シェーダーモデル2.0以上に対応したビデオカード
必要解像度
1024*768 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0006621D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006621D)

デモニオンII ~魔王と三人の女王~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「デモニオンII ~魔王と三人の女王~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 6件

おすすめ!ガッツリとやり込めるボリューム

2017年08月04日  

このレビューは参考になった×0人

魔王となって国々を堕としながら敵国の女王や自国への侵入者を捕らえて配下にしていくゲームです。

ガッツリとやり込めるゲームでシステムも非常に面白いです。
ゲームもストーリーも周回前提で
残り3分の1くらいの所でストーリー分岐するのでかなりのボリュームとなっています。

なかなかやり応えのあるゲームなので自信の無い方は攻略サイト等を見ながらのプレイをオススメします。
一周目から難易度の高い方のルートを攻略しようとすると罠だらけで地獄を見ます(笑)

ストーリーもかなり出来が良く、キャラも個性的で
とにかく非常に面白いのでゲーム性のあるエロゲが好きなら
一度は触れておくべきゲームではないかと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ボリューム満点です

2016年01月14日  

このレビューは参考になった×0人

ファンタジー世界が舞台で各国の美女を手に入れるのを目指すお話しです。
攻略ヒロインがとても多く、また1人1人にさいているシーン数も中々のものです。
絵もとてもよく、様々なスタイルの美女がいますが、みんなとてもエロく描かれています。
また戦闘要素もあり、とてもおすすめの作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

やり込み要素満載!!

2015年09月23日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

エロゲーのはずなのに、攻略/防衛の為の罠配置や、
部下のレベル上げ・レアアイテムの収集など、
やるべき事が多くてとても楽しめました。
何より、難易度が適切だったと思います。

途中かエロイベントはいいから、
はよ次のダンジョンかもーんな感じになってましたwww
ここ数年、フルプライス価格商品の質にどうも不満に感じる中で、
ここまでガッツしゲームとして取り組んだのは
何時以来かと思います。(パ○ドゲー並の中毒性)

イベントも多彩で、みんな大好き”くっころ”もあれば、
未亡人や子持ちさん。
ペッタンコからツンデレまで、挙げ句は○の娘まで、
バリエーション豊富。
特に、女の子の恥ずかしがる姿が見たいからと人前で、
しちゃうシチュエーションが多々ありツボにはまりました。

ただ、あまりに登場人物が多すぎて埋没してしまうキャラも、
数名いるのがちょっと残念。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

侵攻と防衛

2015年09月08日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

侵攻がメインで話が進んでいきます。
主人公の性格が愛されキャラというか嫌いになれない性格をしていて気持ちよくストーリーが進みます。
侵攻と防衛両方のバランスを取らないといけないのですが、結構防衛戦がめんどくさいです。
迷宮がいくつもあるので一つ終わるとすぐに別のところを攻められたりと。
一応おまかせみたいなこともできましたけど、前半よりもさくさく進めなくなります。

キャラも豊富でやりこみ要素も多いので何時間も楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!エロいしシナリオも最高!

2015年08月08日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

Astronautsの作品で、前作「デモニオン〜魔王の地下要塞〜」の続編であるこの「デモニオンII ~魔王と三人の女王~」
前作未プレイの自分でしたが、とても楽しくプレイできました!
なんといっても、購入の決断となった原画のM&Mさん。彼の描くキャラにはいつもお世話になっております!(笑
さらに、シナリオはざっくりいうと、4つの国々の女王を俺のものにしてハーレムを作ることを目的にしているため、ハーレム好きな方にとっては楽しめるものとなっていると思います!
ゲームシステムも、SLGは自分も避けていたジャンルだったんですが、面倒な設定になってはいないのでそんな方にもオススメです!

購入に迷いがある方は、自分のように原画買いでもエロいからというきっかけでも、きっと満足のいく作品であることは間違いないので、ぜひこの作品をよろしくお願いします!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ノリは前作と同じなので安心

2014年10月27日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

やはり主人公がアスタロス風のノリだとプレイしてて楽しいです
前作と比べて、キャラを迷宮各所に移動させられるようになりましたが
敵が殴りあいしながら、味方部隊を擦り抜けてくる仕様は変わらないので、気が抜けません
普通のTD感覚で味方配置して安心してると、あっという間に王座まで乗り込まれます

あと、気になったのが声優さんの漢字の読み違いでしょうか
進捗を「しんしょう」と読んだり……
台本にフリガナふれば……やはり失礼ってことになるんですかね~

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]