({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■ストーリー
――12年前。
太陽系に新たな彗星が加わった。
新しい彗星はそれまであったどの彗星よりも巨大であり、
彗星の持つ磁場は、地球への最接近時に大規模な電波不通をもたらした。

通称
『テレビの消えた日』

地球から電波が失われた日、主人公・美作慎吾(みまさか しんご)は家族を失った。
父の上司でもある穂坂健一によって、引き起こされた電波障害を利用した事故によって……
事実を知った慎吾は、穂坂健一に復讐することを誓った。

12年後――

慎吾はひとりの新入学生と出会う。
重なり合う記憶が告げる真実。

彼女は穂坂健一の愛娘、穂坂七海(ほさか ななみ)だった。

慎吾は、彼女をおとしめる事により、穂坂健一に復讐する事を決める。
愛する人間がボロボロになれば、
あの男も、自分が味わった苦しみを知る事になるだろう……と。

■登場キャラクター
●穂坂 七海 (CV:本山美奈)
ヒロインの少女。
主人公に嵌められて調教される。
寡黙な少女で、多くを語らないが、時に主人公に信じられない様な笑顔を見せる。
性格的に少しぼけたところがある。

「………わかりました。誓います。美作さんの命令には……絶対服従……します」

●若名 真尋 (CV:かわしまりの)
主人公の幼馴染み。
慎吾が自分の本心を見せることのできる唯一の存在。
いつも慎吾のことを気にかけている。
美尋という姉がいる。

「ほら、ふざけてると本当に遅刻するよ?」

●奥山 奈穂 (CV:金田まひる)
七海の親友。
流琉とは幼少の頃からの知り合い。
身長が低く、童顔、そしてツインテールと見た目は完全な子ども……な毒舌少女。

「三べん回って『ナホ様最高っ!』と言えっ! それでも許さんっ!」

●仙川 流琉 (CV:野神奈々)
七海の親友。
男性的な容姿に姉御肌な性格が周りに持たせる印象は『かっこいいお姉さま』。
でも本人はかわいいと思われたい。

「ナナ、そういう時は蹴っていいから」

作品情報/動作環境

ファイル容量
732.11MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
その他
DirectSoundに対応したサウンドカード
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0002986D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「テレビの消えた日」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件