({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

注意:(VJ004272)「超外道勇者」と内容の重複があります。

鬼畜勇者ADV——超外道勇者が、お得なディレクターチョイス版になって新登場!
勇者という立場を利用して、生真面目な魔王を、小生意気な魔将を、溢れ出る野心と欲望で凌辱調教!

■□■ストーリー■□■
苦難に満ちた旅路の果て、ついに魔王の元へたどり着いた勇者は、激戦の末、ついに魔王を打ち倒す。
あと一撃で勝負が決まるというその時、思いも寄らない事態が起こった。

「聞いてたとおり、オマエ、良い女じゃないか。それなら、せいぜい楽しませてもらおうか!」
「えっ? な、何を……きゃああっ!?」

抵抗することも出来ず純潔を奪われた魔王は、
それでもなお毅然と「気が済んだのならサッサと殺せ」と告げる。
しかし勇者は、魔王の想像を超える鬼畜外道な男だった。

「オマエのような美人には、使い道がタップリあるんだ。
 これから、嫌と言うほどそれを教えてやるよ」

楽しげに話す勇者の口元には、魔王を遥かに凌ぐ邪悪な笑みが浮かんでいた。

作品情報/動作環境

ファイル容量
698.07MB
CPU
Pentium 266MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0005713D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「超外道勇者 ~魔王軍、手篭めました。~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件