美少女ゲーム > Triangle > 魔法戦士スイートナイツ2 ~メッツァー叛乱~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Triangleフォローする
販売日 2013年02月08日
イラスト 斎藤なつき
声優 木葉楓 / 北都南 / 飯田空 / 島香麗子 / 木村あやか / 茶谷やすら / 彩世ゆう / 白井綾乃
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

※ご購入後に発行されるシリアル番号は、プレイする際には特に必要ございません。
メーカー様によるサポートを受ける際に必要となるものですのでご注意下さい。


■ストーリー
ティアナ姫捕獲後、メッツァーはゼーロウ本部より受けた、
ティアナ姫以下捕獲した魔法戦士全員を速やかに引き渡すようにとの命令を無視。
数日後、本部より地上派遣軍司令官を解任された。
メッツァーはこれに造反し、捕らえていた魔法戦士ともどもアジトを破壊、
その後副官ココノ・アクアと共に何処かへと行方をくらます。
本部はこれを、魔法戦士の反撃によるアジト壊滅、メッツァー戦死として処理した。
そして数ヶ月が過ぎる…

メッツァーは、長い眠りから覚める。
姿を変えて地上世界に潜んでいたココノと共に、
彼の持つ真の野望、ゼーロウ乗っ取り計画を実行に移すためである。
しかし、ここでも思わぬ邪魔が入る。
スイートナイツに新たな、四番目の戦士が加わり、メッツァーの前に立ちはだかったのだ。
彼女の名は『スイートパッション』。
この新たな戦士は、他の魔法戦士たちと同等以上の力で魔物たちをなぎ倒していくが、
メッツァーは今までのように彼女を快楽責めによって捕らえることを目論む。
さらにもう一人、宿敵とも言える戦士が現れる。スイートリップだ。
聖涙石の導きによってアジト爆破寸前に脱出していた彼女は、
一旦ロアに逃れ、クイーングロリアによって新たな力を授けられたという。
その後地上の情勢を知り、戻ってきたのだ。
だが、現れたのはスイートリップただ一人。
果たしてスイートキッスとスイートルージュの行方は…

一方ロアでは、魔法戦士たちに力の源である聖涙石の輝きが増し、
女神近衛団がゼーロウを各戦線で追い詰めていた。
だが、ティアナ姫と共に脱出したはずのエレニスは行方不明のままだった。
そんな中女神近衛団は、フェリセスと、行方不明だったエレニスを従えた
クイーングロリアの長子、エルウィン王子と遭遇する。
彼の目的は一体何なのか?

一方メッツァーは、ゼーロウの追っ手をかわしつつ、
地上でスイートナイツたちと激闘を繰り広げていた。
彼の策略によって恥辱にまみれるスイートリップとスイートパッション。
やがて、ロアでの異変がメッツァーの元へも波及してくる。
果たして彼の野望の行方は…

■登場キャラクター
●スイートリップ(七瀬凛々子)
CV:木葉楓
クイーングロリアに新たな力を授かり、傷ついた香那葉を優しくかばい、いたわりながら、
スイートナイツとしてただ一人、再びメッツァーの前に立ちはだかる。
普段は以前と同じように学園に通っている。

●スイートキッス(柚木香那葉)
CV:北都南
スイートリップと同じように新たな力を得ているが、
身体に刻まれた○○と戦いの連続によって心に傷を負い、変身できなくなっている。
辛い記憶が蘇るために学園には行けず、近くのケーキ屋で働いている。

●スイートルージュ(沙倉愛梨)
CV:飯田空
ティアナ姫救出作戦に参加した後、その消息が不明。
ゼーロウの本部に囚われているのではないかと言われている。

●プリンセスティア(ティアナ・リリアン・トランシルヴェール)
CV:島香麗子
邪悪な力に満ちたロアで苦戦する女神近衛団に力を与えるため、
自らの身をクイーングロリアの儀式に捧げ、変身する力を失っている。
今は儀式に捧げられた姿のまま、宮殿の奥の祭壇にある聖涙石の結晶に取り込まれたまま眠っている。

●スイートパッション(宮守麻由希)
CV:木村あやか
スイートナイツ四番目の戦士。
メッツァーが潜む学園の学生。
凛々子の一つ下で、香那葉と同級。
身体能力の高さや気の強さなど、戦士としての資質を全て備えている。
一人で戦うスイートリップを助けるため、
クイーングロリアが純粋な正義の心を持つ彼女に聖涙石の欠片を宿らせ、魔法戦士に生まれ変わらせた。
プライドが高く、はっきりとものを言う。
自分のルックスやプロポーションに自信を持っていて、
男子の視線を浴び、ちやほやされることを当然と思っている小悪魔的美少女。
だが実は性的なことに関してはほとんど免疫が無い。
ただ一人戦い続けている凛々子を尊敬し、戦えないでいる香那葉を蔑むような態度をとる。

●ココノ・アクア
CV:茶谷やすら
流浪の身となっても、メッツァーに変わらぬ忠誠を誓っている。
むしろ、彼と二人きりの時間を多く過ごせる今の方が、彼女にとっては幸せなのかもしれない。

●エレニス
CV:彩世ゆう
アジト脱出の次元転移の際に何処かへ飛ばされ、記憶を失い、
エルウィンの組織に囚われて洗脳され、姉のフェリセスと共に彼の片腕となる。

●フェリセス
CV:飯田空
エルウィンに寵愛され、彼の片腕として、ロアの覇権を巡る戦いに身を投じている。
しかし、心の何処かでまだメッツァーに対して想いを寄せている。

●クイーングロリア
CV:白井綾乃
慈愛と徳政で異世界ロアを治める女王。ティアナ姫の母。
全てを包み込むような優しさと、悪に対する毅然とした厳しさを持つ。
ロアにおいては最も侵されざる神聖な存在。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007519
ファイル名/ファイル容量
総計 1.96GB
VJ007519.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007519.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ007519.part3.rar / 479.54MB (502836682Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumII 500MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 7.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005505D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005505D)

魔法戦士スイートナイツ2 ~メッツァー叛乱~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔法戦士スイートナイツ2 ~メッツァー叛乱~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 5件

おすすめ!悪の組織視点での、正義のヒロイン陥落もの

2017年08月04日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

スイートナイツ第三弾

2017年04月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

魔法戦士スイートナイツシリーズの三作目であり、この作品で一旦キリがつきます。

前作と同様にバトルパートが存在するのである程度のやりごたえが感じられます。
エロ部分も魔法少女モノの肝を抑えたシチュが揃っており、調教好きな人を満足させるでしょう。

結構昔のゲームですが今プレイしても引き込まれる作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

永遠不朽の名作

2016年01月08日  

このレビューは参考になった×1人

説明不要・Triangleの魔法戦士シリーズ、最初の完結作品です…PC買い替えると起動不可になってしまったため(苦笑)、今回新たにDL版を購入、取り敢えず起動したため一安心。

もはや10年以上前の作品ですが、自分にとっては色褪せない変身ヒロインものの金字塔です。これ以上ないくらい高潔な正義のヒロインが堕ちていく過程の描写がたまらんです。。

シリーズもののため、一作目のスイートナイツ、事実上二作目になったプリンセスティアも併せてのプレイがお勧めです。

戦闘パートはスキップ機能がまだ無いものの、出撃メンバーを全て上魔でそろえることができるため、難易度自体は低めになると思います。

変身ヒロインものとして、個人的には最高傑作です!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

古い作品だけど

2015年03月10日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

そこそこ面白い。絵とシステムにちょっと時代を
感じるものの、しっかり遊べるゲームとなっております。
堕ちていく過程の上手い描き方は、長年このシリーズを続けてきた会社だな~っと思いました。機会があれば、新作
のほうもプレイしたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

一番好きだった作品

2013年02月26日  

このレビューは参考になった×2人

魔法戦士シリーズ3作目
スイートナイツ編の、完結編とも言える(その後はゲスト参加)

カードバトルのシステムが、より洗練されて属性の概念や固有ユニット、育成させれる等楽しめる要素が増えている
そうは言ってもさほど難易度が高いものでは無いし、面倒に感じるだけの人も多いのかも知れない
更に特徴的だったのは、服従させたヒロインを自ユニットとして使役する事が出来る
ただ使えるのは終盤の為、敢えて無駄な戦闘をこなして育成しないと、ヒロインの必殺技が育ったユニットの通常攻撃より弱いという笑える事態が起こるw

因みに私的には、このシリーズのBGMは非常に好きでした

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]